夏限定の先生たち

大学生の頃,夏の水泳教室での実話。肉体関係のリアル。

  • 記事数 123
  • 読者 2680
  • 昨日のアクセス数 414

研修最終日⑵

しおりをはさむ

2013/07/18 15:03:14

  • 36
  • 0

わたし
「あや、小さい子ども嫌いなの?」

わたしはあやが幼児クラスを嫌がるのは
小さい子どもを嫌いなのかと思った。



しかし違ったらしい。
あやは怒ったような顔でわたしを見た。

あや
「そんなわけないでしょ!

こころわかんないの?」


わたし
「ご、ごめん。」


あや
「わたしは幼児クラス担当、

嶋田さんはきっと一番上のクラスを担当する。」



そう言うと、
あやはため息をついた。



あやは嶋田さんと離れてしまうことが嫌らしい。
確かに教室ではレッスン中、

隣のクラスの担当の先生同士で
足場である赤い台を移動したり、
シェアしたりする。





あやは本当に嶋田さんのことが好きなんだ。


わたしはこの前あった出来事を思い出し、
胸が痛んだ。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. それから数日悩み続けた。わたしは絶対に友達が好きと言って...

  2. 人影

    2013/08/19

    嫌な予感がして、嶋田さんを押し離した。プールサイドに...

  1. その涙に気づいたのか、嶋田さんはキスをやめた。嶋田...

  2. 大切さ

    2013/08/20

    わたしはあやと清田さんの元へ行った。あや「清田さんのお...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/27 編集部Pick up!!

  1. 「無視」指令で親友が離れた
  2. 義母ストレスで不眠になり流産
  3. 卵子を買って出産した話に嫌悪感

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3