夏限定の先生たち

大学生の頃,夏の水泳教室での実話。肉体関係のリアル。

  • 記事数 123
  • 読者 2665
  • 昨日のアクセス数 72

研修最終日⑴

しおりをはさむ

2013/07/18 08:20:19

  • 45
  • 0

その後も研修の日々は続いた。
週に4回のペースでプールに通う。


最初はプールサイドからだった研修も
プールに入り助手として先生について
教室での教え方
子どもとの接し方
保護者との接し方
を学んだ。




わたし自身子ども達に教える事の大変さを
改めて知った。

自分が当たり前のように
すぐに出来るようになった4泳法。





だけど,
バタ足がうまく出来ず進まない子。

背泳ぎが沈んでしまう子。

平泳ぎの足が左右で非対称になる子。


挙げるときりがないほど問題はあった。
とにかく子ども達の泳ぎ方を見て、
触って、どうしたらいいのか一緒に考えた。






その姿勢が評価され、
研修最終日の面接ではすべてのクラスを
受け持てることを伝えられた。




わたしが面接を終え、
あやを待っているとあやが部屋から静かに出て来た。

わたし
「お疲れ。

どうだった?」


あや
「…わたし、幼児クラス担当になるみたい。」

あやは少し落ち込んでいた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 一歩

    2013/07/17

    子ども達の夏休みが始まる少し前。7月のはじめ。わたし...

  2. 検定

    2013/07/17

    最初のバタフライ。次の背泳ぎを終え,平泳ぎ。久し...

  1. 午後もわたしは平泳ぎを教えた。最初は,プールで体を動かす...

  2. 新学期が始まると、わたしは祖父母から、ご近所の子どもで算数が...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/23 編集部Pick up!!

  1. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  2. 「孫依存」の母に振り回される
  3. 新築お披露目で義両親にイライラ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3