LOVEandSEX LIFE…♡

心から愛してた…彼と私のSEX記録…♡

  • 記事数 505
  • 読者 4005
  • 昨日のアクセス数 745

花火の夜…12

しおりをはさむ

2013/07/17 18:28:42

  • 9
  • 0

「ねぇ、触って?」


そう言って、自分の熱を帯びて硬くなったモノにわたしの手を誘導した。


わたしはゆっくりと彼のベルトとデニムのボタンを外し、ジッパーを下げた。


彼「直接触ってごらん?」


言われるがまま、彼の下着をおろし、そっと彼のモノに触れた。


彼のモノはすでにはち切れそうなほどに硬く大きく膨らみ、熱く脈打っているのがわたしの手に伝わってきた。


先端からはわたしと同じように透明な液体が溢れ出していた。

わたしはその液体をジュル…ッと吸い上げ、彼のモノを上下に動かすと微かに彼が呻いた。


そして、彼がわたしに問う。

彼「欲しい?」

私「…ほ、欲しい……」

彼「なぁに?聞こえないよ?」


そう言って、愛液で溢れたわたしのアソコに自分のモノをヌルヌルと擦りつける。


私「ぁっ、あぁ…」

彼「ん、なぁに?喘いでたらわからないだろう?」

私「早く……欲しいの…っ!」

彼「おれも…ローラが欲しい」



つづく…

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 彼にネチネチと言葉攻めをされるのが快感…だから、彼に言えと...

  2. 「ローラはおれよりも悪い子だ」彼はわたしの脚をぐいっと...

  1. 「イヤも何もないだろう?こんなに濡らしておいて」彼はわ...

  2. 陽介「カリン……。」陽介は、熱に浮かされたような顔で、...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/27 編集部Pick up!!

  1. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  2. 園の親子参加行事が多くて苦痛
  3. 不倫する女性は日本から出て行け

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3