期間限定の愛人 完結編

服役囚を待つ女の、はかないひと時のラブアフェア…。 貴方は 期限付きの私の愛人…。

  • 記事数 240
  • 読者 150
  • 昨日のアクセス数 37

立場逆転!恋する女の爆走 1⃣

しおりをはさむ

2013/07/17 15:55:11

  • 2
  • 0

この夜 、ルリがアメンバー限定公開した記事には、すぐに常連の読者からのコメントが 付いてきた。



当時 、ほぼリアルタイムに近い記事を書いていたブログには、服役囚を待つルリの 都合の良い浮気話に、賛否両論のコメが付いた。



期間限定の愛人などと言っても、本当に好きにならずに 付き合えるのか?…という 意見が大多数だったように思う。



だが、ルリは その都度 達観した大人の女を気取り、「 キッパリ別れて見せる。」と言った、突っ張りコメを返していた。



そんなルリが、「 やっぱり マキに惚れた。」…と言う グダグダ記事を公開したものだから、この日付いたコメントは、「 あ~あ、ホレ、ルリさん やっちゃったんだね~^^;」と言う感じの叱咤激励がほとんどで、正直ルリが一番欲しかった 的確な反応であった。



この時ほど、ルリはブログ読者を ありがたいと思ったことはない。


当人のマキでさえ わかってくれない ルリの気持ちを、みず知らずの読者は 、ずっと前から読み取り 気付いてくれている。


「 ルリさんの女として揺れ動く気持ちは 当然のことです!
そんな風に 付き合ってたら、絶対にのめりこんじゃう。感情がダダ漏れしますよ!
ただ、マキさんに 恋心を 知られたらマズイです(~_~)
ルリさんは どうしたいの?
そういう男は扱いにくいですよ。 
ただのシマさんの代用品と思わせないと! 」


「 好きになるのは 当たり前ですよ。
私は 最後まで ルリさんの 恋の行方を見守りますから、ブログを辞めないでね!」


…と 言った、若い独身女性たち。



「 実在の登場人物なんだから、感情移入するのは 自然の成り行きですよね。
マキさんの行動が、ある程度 リアルに描かれるのも 仕方ない。
実録ブロガー ルリさんとして、容赦なく 書いてください!^^」

…と言う、男性ベテラン小説ブロガー。


また、同じ男性でも、

「 男と女の恋には優位性があるよね。
勝ち負けではないけど、恋愛するならやっぱり強気で付き合いたい。
この場合、マジな恋心を知られたら、悔しいけどちょっと負けてる。
たとえ相手が別れると言っても、絶対に自分からは別れてやんないこと!
そいで、マキさんが他の女に目を向けるなら、ルリさんもつまんないヤキモチ妬いてないで、他の男に目を向けてみれば?(^O^)」

…と 書いてくれた 恋多き男性ライダーブロガー。


あるいは、

「 モノを書く人間の周りにいる人物が、ネタにされるのは 当たり前のこと!
その覚悟も無く、安易にモデルを了解する方が 間違ってる。
そんな根性のない奴は つまらん! 書かれて上等 …くらいに 考える男じゃなきゃ!
ルリさん、負けずにこの先も 必ず書いてね!」


といった、経験豊富な女性小説ブロガーなど、その多彩なコメントの数々は、ルリのマキに対する恋心の負い目とは逆に、これは やはり 実録ブログを投げ出してはいけない!…と言う 意欲を掻き立てたのだ。



一方 アメンバーをイキナリ削除され、記事を読めなくなった当人マキは、ルリの「 彼が激怒するだろう …」と言う期待を、完全に裏切る反応を返して来た。


マキのよこしたメールは、相変わらず 少しも激することは無く、


「 ルリがそういうつもりなら、俺たちは もう無理だね…。」


と言った内容で、自分は決して悪くない…と言う、女に対して常に強気のマキらしい、 クールで残酷な別れの宣告であった。


アメンバー削除の経緯と、マキのブログの件だけは 伏せていたが、この時の ルリのマキに対する 見苦しいほどの執着とあわてぶりの顛末は、当時の記事 「 最後の恋 告白~結末 」(GTブログでは5/25〜29に掲載)に、ほぼ書いた通りである。



それにしても、あの時 ルリはマキに、いい年をして恥ずかしい程に素直な恋心を告白し、さらに今後一切 アメンバー限定記事は 書かない…と、約束までしている。



つまり、とうとうルリは 愛人関係を継続することを条件に、マキと言う 煮ても焼いても食えないモンスター男に屈服させられたのである。



屈服…という言葉が 適切かどうかは不明だが、惚れた弱み…と言うか、この日から二人の愛人関係が 立場逆転したことは、 もはや明白である。


これは 果たして本当の恋心か?


それとも、ブログネタと 刹那的な快楽を与えてくれる男に対する、ルリの執着だけなのだろうか…?


その後ルリは、マキの都合に合わせて、彼の住む近くの町まで 毎回 往復4時間、セッセと高速を爆走することになるのであった。


次話へ続く

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 疑心暗鬼ほど、情けないものは無い。マキの 何気ない...

  2. ラブホテルのベッドに 設置された、タッチパネルのデジタル時...

  1. 『雨の日の女【side : シンヤ】』完結いたしました...

  2. 昼間、ごく一部のGTユーザーさんって書いた記事ね、あれ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/9 編集部Pick up!!

  1. 逆走してきた対向車から文句
  2. 会った事がない交際5か月の彼氏
  3. 入院中 夫に子を預けるのが不安

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3