夏限定の先生たち

大学生の頃,夏の水泳教室での実話。肉体関係のリアル。

  • 記事数 123
  • 読者 2680
  • 昨日のアクセス数 135

赤ちゃんの匂いー高校生編⑦

しおりをはさむ

2013/07/17 17:30:27

  • 37
  • 0


「お前の胸、俺本当に好き。

ずっと触れたかった。」


そういうとさらに激しく胸を触る。
彼の手のひらが胸を揉み、
指先で乳首を弄る。


そのコンビネーションにわたしは身体が疼く。




その様子を見た彼は、
そのままわたしの制服のスカートへ手を伸ばした。


パンツの上からわたしのあそこをなぞった。
パンツにシミがつく。


「濡れてる…」



彼はそのまま手をパンツの中に侵入させた。
濡れてることを確認し、
指を入れる。


じゅぽ……

自分でも分かるくらい彼の指にわたしのあそこは吸い付いた。
その感覚に身体が悶える。

わたし
「…ん。。

あ…」




彼がわたしの声を合図に、
激しく指を出し入れした。



わたしは気持ち良さとともに何かが出ちゃう感覚に襲われた。初めての感覚だった。


わたし
「…ぁあ、、ん…

や…めて。、止めて…




出ちゃう…」


同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 彼は部活着のTシャツの中に手をいれわたしの胸を触りだした。...

  2. 彼とわたしはキスを続けた。途中彼がわたしの頬を、そ...

  1. 彼「誰も来ないよ。来たらやめればいい。」そう言い放...

  2. わたし「…そっちは、だめ。 …お願い、。」...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/28 編集部Pick up!!

  1. 義母ストレスで不眠になり流産
  2. 6歳児にサプリメントを飲ませる
  3. お姫様で居たい義姉が残した伝説

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3