幸せは自分の心のなかに…

ダメな自分。ダメな男。 果たしていつになればダメな人生卒業できるの!?

  • 記事数 40
  • 読者 26
  • 昨日のアクセス数 10

お葬式。

しおりをはさむ

2013/07/17 09:28:35

  • 0
  • 0

11時半からの葬儀には大ホールでも入りきれないほどの人が集まった。
会場が終始涙に包まれた。

式辞?ではお父さんが『間違いだらけの子育てだったのに、ある方からのお父さんとお母さんの子供でよかった。という言葉に救われ、我が子がこんなにみんなに愛されてるなんて夢のようです。』と5分くらい述べていた。

サッカー部のキャプテンは生徒代表挨拶をし、『人は二度死ぬ』という挨拶で閉式した。

故人との最後の別れでは棺に花や寄せ書き、色々な物が入れられた。
最後に故人が聞いていた曲が流れていた。『19の以心伝心』
彼は死がわかていたのかと思う曲だった。

棺の蓋が閉まる前、最後のキスをした。
四方を釘で打たれみんなに棺を担がれ霊柩車に乗った。
送り出しは『ありがとう!』というみんなの声だった。

それから火葬場に向かった。
棺の窓から彰くんの顔を見れる。
今にも寝すぎた~なんて言いそうな顔してるのにね…。

火葬炉に収納され、火葬が始まった。
お兄さんに1年前のメールを見せた。
まさか本当に骨を拾うことになるとはね…。

二時間半ほどで焼きあがり骨を拾った。
タバコ吸ってたのに綺麗な骨で安心したっけ。

骨壺に入らなかった骨をお父さんが小さな容器に入れてくれくれた。
わたしの宝物になった。

初七日まで参加し、家に帰った。
疲れから寝てしまって、翌日の夜かかってくるはずのない彰くんからの着信があった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. お葬式3

    2014/11/19

    平日だったこともありほとんど家族だけだった私はお母さん...

  2. 式も終盤、花嫁の手紙の段になりました。お父さん子だった...

  1. 修了証書の授与が始まる。“桜の栞”が静かに流れ始めた。...

  2. 挨拶5

    2014/02/19

    タクシーは王子様の実家に着いた。いつも王子様と帰るときは...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/21 編集部Pick up!!

  1. デート中に彼がケチだと思う瞬間
  2. 義妹に「敵対視」され完全無視
  3. 「おばさん」と呼ばれる覚悟ない

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3