夏限定の先生たち

大学生の頃,夏の水泳教室での実話。肉体関係のリアル。

  • 記事数 123
  • 読者 2685
  • 昨日のアクセス数 480

赤ちゃんの匂いー高校生編⑥

しおりをはさむ

2013/07/17 11:39:00

  • 41
  • 0

そう言うと彼はまたキスをする。
舌を絡ませ、わたしの中を快感が走る。


さっきまで涙を流していたはずなのに、
何故か身体は感じはじめていた。





再び彼はシャツのボタンを外し、
ブラのホックを外す。

そして今度はわたしの乳首を舐めはじめた。
舌から上へ乳首を持ち上げるように舐め、
そして優しく吸った。

わたし
「ぁあ…ん。」


気持ち良さに負け声を出してしまった。




「可愛い。

だけど声は禁止な。
見つかったらおしまいだから。」


そう言うと彼はまた舐めはじめた。

わたしが今まで付き合っていた人は、
キスやエッチもしたが、
舐めたりフェラを強要してくるような人はいなかった。


そのため感じることはあっても、
声を出すことは少なく、イったこともなかった。





彼は乳首を舐めたり、
わたしのおっぱいを揉んだりした。
周りの友達と比べると大きめだったおっぱい。

彼はその虜になっていた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 愛撫

    2015/03/02

    私は彼にされるがまま...お互い息使いが激しくなっていく....

  2. 彼は 唇…首…肩へ優しくキスをして私の服を捲り上げた...

  1. 彼は部活着のTシャツの中に手をいれわたしの胸を触りだした。...

  2. 彼「誰も来ないよ。来たらやめればいい。」そう言い放...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/22 編集部Pick up!!

  1. ヘソクリ用の財布を落として凹む
  2. 医師の「胞状奇胎かも」に戸惑う
  3. 態度が悪い子連れを見てガッカリ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3