期間限定の愛人 完結編

服役囚を待つ女の、はかないひと時のラブアフェア…。 貴方は 期限付きの私の愛人…。

  • 記事数 240
  • 読者 150
  • 昨日のアクセス数 32

逃げる男 1⃣

しおりをはさむ

2013/07/17 09:04:59

  • 2
  • 0

この日、マキとの電話は それだけでは終わらなかった。


彼は 突然、意外な事を 言い出したのである。


「 あ…、それからさ 実は俺、アメブロ 辞めようと思ってるんだよ。」


「 えっ…? 急に どうして? 」


強烈なダメ出しの後、たたみかけるようなマキの宣言に、ルリはさらに激しく動揺した。


「 マキさんのブログ 盛況じゃないの。
沢山 読者が付いてるし、楽しそうにやってたじゃない?」


「 まあ…読んでる人も、コメント付けてくれる人も、いつも同じだ 。
要するに アメブロに 飽きたってことだな。」


後で思い返せば、いかにもマキらしい 考え方だが、この時のルリには 納得が行かない。


せっかく仲良くなり、毎回コメントまで付けてくれる読者が居るのに、なぜ彼は そう簡単に辞めると言えるのか?


ルリには、マキの 冷淡な思考が どうしても理解出来ない。


「 それでさ、俺 mixiに ブログ移転しようと思っているんだよ。
あそこは コミュニティが盛んで 充実してる。
なんだか 楽しそうなんだよね。
実は、もう登録してあるんだ。」


「 ミクシィ…?」


…もちろんルリも知っている。


mixiは、メンバーの招待状が無ければ、登録はおろか 閲覧も不可能な 機密性の高いサイトである。
(現在のmixiは一般登録可能になっているが、2009年当時は招待制であった)


例えば ブログ公開レベルを、一般 許可メンバー 個人と 段階的に設定可能で、私的交流に重点を置いた、いわば 限りなく出会い系に近いSNSである。


現に、「 出会いは mixiのコミュニティでした…。」と言う不倫話を、アメブロで告白している人は たくさん居る。


要するにマキは、そんな機密性の高いサイトで、ルリにバレないように、新しい出会いを求めるというワケか?


「 ふーん、つまり 招待状を 誰かに貰ったって事ね。マキさん、それ 私にはくれないのね?」


ルリは、恥も外聞もなく そう口走っていた。


すると マキは、


「 ルリさん…は アメブロで お忙しいでしょう?(笑)
俺は 貴女はみたいに スゲー小説を書くわけじゃないから、楽しければ それでいいんだよ。
それに俺は、招待してくれた人のメンバーになってるから、いきなりルリを誘うと、その人に 貴女との仲を 疑われるかもしれないだろう?
mixiでは、友達の友達は皆トモダチ…みたいなシステムになってるんだよ。
今回は ご勘弁願いたいね。(笑)」


と、いともアッサリ拒否した。


マキの言葉には、ルリの実録ブログに対する 強烈な皮肉が 込められている。


よくもまあ 好き勝手に俺の事を書いてくれたもんだ…と 言う、口には出さないマキの本音が、聞こえて来るようである。


しかし、彼の意地悪なセリフは、ルリの心に 開き直りの闘志を、逆に湧かせる。


こういう状況になっても、「もう貴方のことは書かない。あんな曝露記事を書いてごめんなさい…。」と、ルリは どうしても言えないのだ!


「 …そう? マキさん 辞めるのね。それじゃ私はもっと書きやすくなるわね。だって貴方はもう 、アメブロは読まないんでしょうから!」


つい 切り口上に ものを言ってしまうルリに、マキは バカにしたように 笑いながら 返した。


「 アハハ…そう怒るなよ。ブログは辞めるけどIDだけは残して、貴女のブログは 続けて読ませて頂きますよ。
だって、アメンバーですからね!
俺はこれでも、ルリさんの 隠れファンなんですから~(笑)」


こうして、その日 マキの 電話は切られた。


この夜から、ルリは さらにマキへの 不毛な執着に苦しめられていた。


( マキは既に、私への興味を失いかけている。 いや、興味どころか こうして 迷惑なブログを書く私から、逃げたいのではないか?
私は 嫉妬深い。そして 自由奔放なマキを、束縛しようとするイヤな女だ。 もしかしたら、mixiの招待状をマキに送ったのは、N美ではないか?)
 

”マキさま~♪ N美と一緒にmixiやりません?
2人で楽しくラブラブメッセ交換いたしませう~о(ж>▽<)y ☆”


そんなN美の、吐き気がするようなアホ文章と顔文字が目に浮かぶ。


全く理解不能な、気まぐれ男マキの言動によって、ルリの ネガティブ妄想は果てしなく広がって行く。


( いいわ…。マキが そのつもりなら、私にも やり方がある。私のブログは、彼にはもうどうせ読む価値も無いんだろうから…!)


そして、あらぬ妄想に疲れ果てたルリは、ついに ある事を 決断するのである。


次話へ続く

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. マキが 巨大サイトmixiに移ってから程なく、ルリが 彼と...

  2. 疑心暗鬼ほど、情けないものは無い。マキの 何気ない...

  1. それから間もなくして、ルリが 息子 レイの彼女 ミライか...

  2. この夜 、ルリがアメンバー限定公開した記事には、すぐに常連の...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/8 編集部Pick up!!

  1. 夫が「そのまま孤独死すれば」
  2. 金ないアピールする友人に疲れた
  3. どうして無痛分娩を選ぶのか

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3