夏限定の先生たち

大学生の頃,夏の水泳教室での実話。肉体関係のリアル。

  • 記事数 123
  • 読者 2681
  • 昨日のアクセス数 84

赤ちゃんの匂いー高校生編④

しおりをはさむ

2013/07/17 09:18:40

  • 31
  • 0

彼は無理やり口を開けさせ,
自分のものをわたしの口に押し込もうとしてきた。

わたし
「っん…あ…

ぃやだって…ば。やめ…て。。」




彼はわたしの顔を見ながら首を振る。

そして自分のものを押し込むのをやめ、
またキスを始めた。

舌を絡ませる彼のキスは快感だった。
わたしは油断してしまった。



ディープキスで口を開けさせ、
彼はそのまま開いたわたしの口にすばやく
自分のものを押し込んだ。

びっくりして抵抗するにも頭を押さえつけられ
離れられず、
そんなわたしの口にじわっと酸っぱいものが
広がった。いわゆる彼の我慢汁。



わたしは混乱し、
目から涙がにじんできた。





それを見た彼はそっとわたしの頭を撫でた。

「こころ、
大丈夫だから。

そのままくわえてて。」

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. その涙に気づいたのか、嶋田さんはキスをやめた。嶋田...

  2. うつぶせのまま、わたしの両手は頭の上。彼は、わたしの...

  1. 彼とわたしはキスを続けた。途中彼がわたしの頬を、そ...

  2. 彼「誰も来ないよ。来たらやめればいい。」そう言い放...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/24 編集部Pick up!!

  1. 母が余命わずかで従兄弟から求婚
  2. 反論したら夫が部屋引きこもりに
  3. 夫の車に不倫相手とのプリクラ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3