夏限定の先生たち

大学生の頃,夏の水泳教室での実話。肉体関係のリアル。

  • 記事数 123
  • 読者 2669
  • 昨日のアクセス数 66

赤ちゃんの匂いー高校生編③

しおりをはさむ

2013/07/17 01:11:11

  • 38
  • 0

わたし
「ねぇ…そろそろまずいって。

誰かきちゃうよ。

それにわたしの格好…」


わたしは彼にボタンを2つ外され,
ブラのホックも外されていた。





「移動しようぜ。」

そう言うと、彼は教室を出た。




わたしも慌ててボタンを閉めて
彼に着いていく。



着いた先はトイレの前。


「男子トイレは個室が少ないから、
女子の方な。」


トイレに連れて来られたことに驚きつつも、
そのまま彼について行き、
個室に入る。




入った途端に、
ベルトを外し、ズボンを脱ぐ彼。

わたし
「え…
何してるの?」



彼は履いていたボクサーパンツをおろした。

「食べて。」


その頃わたしはフェラという行為を
まだしたことがなかった。

わたし
「出来ないよ…

やったことないもん。」

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 彼とわたしはキスを続けた。途中彼がわたしの頬を、そ...

  2. 彼「誰も来ないよ。来たらやめればいい。」そう言い放...

  1. 少しは慣れてきたかな、自分から、彼のジュニアに触って...

  2. コンサルさんの押しにグッときてるわたし。まじちょろい。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/24 編集部Pick up!!

  1. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  2. FBの幸せそうな投稿見てイライラ
  3. 友人の結婚式に呼ばれず仲間外れ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3