夏限定の先生たち

大学生の頃,夏の水泳教室での実話。肉体関係のリアル。

  • 記事数 123
  • 読者 2683
  • 昨日のアクセス数 89

夜のドライブ⑹

しおりをはさむ

2013/07/17 00:18:20

  • 44
  • 0

嶋田さんが話しかけて来たと同時に
繋いでいた手を自分の方へ引いた。



その反動でわたしは嶋田さんの胸の中へ
ダイブしてしまう。

わたし
「すみません。」

そう言って急いで離れようとすると、
繋いでいなかった方の手で抱きしめられた。
水泳で鍛えられた胸筋が心地よかった。




わたしは自分の身体の温度が上昇していくのを
感じたー恥ずかしい。




わたし
「どうしたんですか?」

恥ずかしさを紛らわすために、
冷静さを装って必死に聞いた。



嶋田さん
「俺もよく分からない。

ただ我慢出来なかった。ごめん。」




わたしは黙って頷いた。

正直嶋田さんのした事は理解出来なかった。
でも嫌な気はしなかった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. しかし彼は鍛えた体でびくともせず、わたしを抱きしめた。...

  2. その涙に気づいたのか、嶋田さんはキスをやめた。嶋田...

  1. わたし「わたし次第ってどういうことですか?」嶋田さん...

  2. わたし「…そっちは、だめ。 …お願い、。」...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

4/30 編集部Pick up!!

  1. 「放置親」の必須アイテムは
  2. 人前で鼻かんだらドン引きされた
  3. 義母に孫を会わせない仕返し

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3