夏限定の先生たち

大学生の頃,夏の水泳教室での実話。肉体関係のリアル。

  • 記事数 123
  • 読者 2662
  • 昨日のアクセス数 12

2013/07/17 00:15:47

  • 36
  • 0

その日の帰り

あやをアパートに送り届けたあと,
わたしは振込をするため
途中にあったコンビニに寄った。



振込をすませ,
コンビニを出ると1台の車が
わたしの隣に停まった。


ライトで運転席はよく見えなかったので,

何も考えずそのまま自分の車に乗り
ドアを閉めようとした、



その時


男の人の手が閉まるドアを押さえた。
びっくりして振り返るとそこに嶋田さんがいた。


嶋田さん
「こころちゃん今帰り?
これから大島(わたしの彼)とご飯行く予定
だったんだけど,あいつ研究室の用事で行けなくなってさ…

良かったらご飯行かない?」


わたし
「あ,そうなんですか。
わたしで良かったら大丈夫ですよ。」




偶然会ったことがきっかけで,
わたしは嶋田さんとご飯に行くことになった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ぎこちなく、動揺したわたしはテキトーに車を走らせる。「変...

  2. 拉致2

    2015/09/26

    そのまま引きずられ、近くのコインパーキングに停めてあった忘れ...

  1. 堺さん「この書類、コピーしました?」わたし「したした...

  2. 何回も金曜の堺さんとの2人焼肉を思い返してる。ほんと...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/16 編集部Pick up!!

  1. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  2. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  3. 無意識にマウンティングするかも

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3