幸せは自分の心のなかに…

ダメな自分。ダメな男。 果たしていつになればダメな人生卒業できるの!?

  • 記事数 40
  • 読者 26
  • 昨日のアクセス数 2

2013/07/16 09:22:46

  • 0
  • 0

ふと思い出した高校生の頃の恋愛。

忘れたくないから書き留めます。

現在とちょっと離れるけれど、お付きあいくださいませ(*^^*)

あれは高2の6月の出来事。
私は高校野球のチアガールをしていた。
応援団との合同練習で初めて彼を見たとき、私はドキッとした。

話しかけれずに1ヵ月が過ぎ、校内ですれ違っても会釈する位だった。

高校野球の地方大会が始まる1週間前、全体練習を翌日に控えていたこともあり、私はひとり居残り練習をしていた。
3日前に追加された曲の振りが自信なく何度も何度も廊下で練習していた。

19時頃、私は練習を辞め片付けをしていた。すると『一人で練習なんて熱心ですね。』と聞いたことない声が…。

『あ、いや、私足引っ張るわけにはいかないんで…』振り返るとドキッとしたあの彼がいた。

スリッパの色で年下ということはわかっていたけれど、名前とか何部なのかとか知らなかった。

『ラジカセ、片付けますよ。』ラジカセをひょいっと抱え、スタスタ歩いていく彼を追いかけ職員室に。
もう先生の数も少ない。
応援を取りまとめる先生に呼び止められ『チアと応援団、仲良くするんだぞ~。』って嫌味っぽく言われ職員室を後にした。

下駄箱に向かいながら『あのっ…ありがとうございました。』無言な空間を打破するために色々考えたけれどそれ以上の言葉が出てこなかった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/3 編集部Pick up!!

  1. 不妊治療で妊娠やっと報告できる
  2. 唇が紫になるまで叫び泣き心配
  3. 干していた下着が無くなっていた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3