夏限定の先生たち

大学生の頃,夏の水泳教室での実話。肉体関係のリアル。

  • 記事数 123
  • 読者 2691
  • 昨日のアクセス数 179

2013/07/17 00:15:18

  • 38
  • 0

最初のバタフライ。
次の背泳ぎを終え,

平泳ぎ。


久しぶりに身体を動かすことに快感を覚えた。
あとはクロールのみ。


チラッとあやのコースに目をやる。
背泳ぎを泳いでいた。

苦手と言っていたのが本当なのか,
わたしのコースの方へ蛇行しているように見えた。




わたしは,ラストのクロールを泳ぎきり
あやを待った。

あやを待つ間に清田さんが近寄って来た。


清田さん
「こころさん,驚きました。
経験者でしょ?
しかも選手クラスとかで泳いでた⁈」



わたし
「あ,一応。。
そうなんです。

中学生入るまでやっていました。」



清田さん
「やっぱり。
期待してるからね。


お,あやさんももう少しかな〜





はい,おしまい」


あやが4種を終え,検定は終わった。


あや
「はぁ。
本当に疲れた。。

疲労感半端ないよ〜」



清田さん
「ははは。

これからは毎日泳ぐんだぞ。
そんなこと言ってられないぞー。



でも,今日はお疲れ様。
研修の最終日に結果を踏まえて面接をするから,お楽しみに。」



清田さんは微笑みながら
プールサイドを後にした。



あや
「もう。やんなっちゃうな〜
でも痩せるよね。

そう考えたらやる気でて来たー」


あやは笑いながら言った。
あやの発言にわたしも笑った。




夏の間,こうしてあやとは笑い合いながら,
過ごせるのだろうとわたしは考えていた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. わたしが頭の中で考え事をしていると,隣に座っていたあやが勢...

  2. とりあえずわたしは玄関をあけた。忘れ物…何かしたかな?...

  1. その後も研修の日々は続いた。週に4回のペースでプールに通う...

  2. 帰りの車の中,あやが重い口を開いた。あや「なんで嶋...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/8 編集部Pick up!!

  1. 義母「孫の写真は全部消した」
  2. 息子がギャン泣きで泣きたくなる
  3. 同居義母が義弟の家に通い妻状態

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3