夏限定の先生たち

大学生の頃,夏の水泳教室での実話。肉体関係のリアル。

  • 記事数 123
  • 読者 2682
  • 昨日のアクセス数 49

2013/07/17 00:13:36

  • 40
  • 0

清田さん
「嶋田くんなら,いまの時間はあの右奥のクラスを受け持っていますよ。ちょっと見えにくいかもしれないけど…」


あや
「あ!いました!でも見えにくいですよ~
もっと近くで見たかったです。」


あやは笑いながらそう言った。



この時わたしは,
いまの彼女の様子からみて

嶋田さんという人のことを気に入っていて,
このバイトをしたがっているのかとわたしは心の中で勝手に決めつけていた。


同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. とりあえずわたしは玄関をあけた。忘れ物…何かしたかな?...

  2. 観覧席

    2013/08/17

    わたし「ここ、初めて来ました!こんな風にプールが見...

  1. わたしが頭の中で考え事をしていると,隣に座っていたあやが勢...

  2. 人影

    2013/08/19

    嫌な予感がして、嶋田さんを押し離した。プールサイドに...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

2/27 編集部Pick up!!

  1. 親切にされても感謝しない子連れ
  2. 彼の帰ってくる時間を怪しむ彼女
  3. 不倫に浮かれてしまい情けない

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3