ブログランキング1

あの頃の私と彼…の物語

《彼の面影を探して迎える転換期✨編》

  • 記事数 892
  • 読者 1873
  • 昨日のアクセス数 54503

849.加勢する義母

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 回顧録

2018/11/08 17:32:41

  • 340

義母が

「私がこんな立ち入った事を
言うのも…あれなんやけど…

もう少しマサトに優しくしてやって?
その………避けてる…とか?💦」


「は?…」


「だから、紗絵ちゃんも
いろいろ思うとこは、あると思うけど…
夫婦なんやし、いつまでも拒否されたら、
マサトが可哀想やわ…

そこから浮気されるんよ?」←尚良!


何でそんなことまで
義母に言うねん!!キモっ( º言º)


もう恥ずかしさと怒りで
今日は、帰って来たら
とことん戦ってやろうと
戦闘モードになった。



マサトが帰宅して
私が不機嫌な態度で
晩御飯の用意もせず…

テーブルに
お茶漬けの素と
お茶碗とお箸だけ置いて

「はい…
ゴハンは、好きなだけよそって?
あと、欲しかったらお漬物あるけど…」


そう言ったら
お茶漬けの素を手に取り
テーブルの上に投げつけて

「いい加減にせいや!!💢
外で働いて腹空かせて帰ってくる
旦那に食わせる食事がこれか!!💢」


ブチギレたようだ。。


「支度しようって
気にならんかったんよ!!

誰かさんが
お母さ〜ん聞いてぇ💦って?
愚痴ったりするから!

大の男がそんな話を母親にしてるの
想像したらキモ過ぎる!!

そんな旦那の食事の支度なんて
する気にならんよ!!💢」


そんな風にヒートアップして
声がデカくなると
上で揉めてる!💦と察知した義母は


ドドドドドド・・・・と
もの凄い勢いで二階に駆け上がってくる


そして、仲裁では無く加勢して

「そう!そう!
マサトは悪くないで!うん!」など

マサトを擁護した。


2対1でやり込められ…

「こんなマサトみたいに
嫁のご機嫌取りだけで
特別な日でも無いのに、あげようって

ネックレス買って
帰って来たりしてたやん?
優しい旦那さんしてる!マサトは✨」



「だから、そんなお金があるなら
少しでも実家に返済して欲しい!と
言って揉めたこともありました!

もう、いくら言っても
分かって貰えないならいいです!💦」



そんな感じで
揉めながら生活してると
結婚生活も三年目になった。


この三年目で私の状況が
一気に変わっていくことになった。

同じテーマの記事

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/17 編集部Pick up!!

  1. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  2. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  3. 子連れに謝罪され感じたこと

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3