ホタルさんのブログ

お馬鹿でイタタタ…なover40 バツイチの毎日

  • 記事数 331
  • 読者 38
  • 昨日のアクセス数 239

甘い筈の夜は ただ欲望を満たす為だけの時間

しおりをはさむ

2018/09/24 23:58:26

  • 1

激しいキスの後、ヒップを鷲掴みにされて揉まれ、そのままベットに倒され、もどかしそうにTバックを剥ぎ取る。

前の時もそうだったけれど下着を剥ぎ取ったあとは必ず秘部を覗き込み、手で愛撫しながらブラから胸を引き出して乳首を舌で転がす。

「もう…入れてもいい?」
濡れているのが確認できると直ぐに入れようとしてきた彼を制止し、コンドームをつけるように言うと素直に従ってくれた。

「いつも使わないから…」
装着し、挿入しようとすると…なかなか入らず…信じられない事に彼のペニスが元気がなくなってしまったのだ。

「中に出さないようにするから…コレ取っていい?」
仕方ない。私も今日は最後までと決めて来たのだから ここでまたお預けを食らってしまうと女としての自信を失いそうだった。

「う…ん…」
私の返事を聞くなりゴムをペニスから引き抜き、萎えてしまったペニスを手でシゴき始めるJ。今日は仕事で疲れたからあまり元気なくて…
オレのは大きくないよ!普通。ホタル大きいのが好きでしょ?

Jの言い訳を聞いていると 意外に自信ないのかな…と思ってしまう。
ようやく元気を取り戻し、挿入準備完了。
再び秘部を覗きこみ…
「綺麗にしてるな…」と言ってすぐに舐め始め、少し焦ってしまったが気持ち良くなり更に脚を開いてしまう。
Jがゆっくりと中に入ってきた。

同じテーマの記事

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/18 編集部Pick up!!

  1. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い
  2. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  3. 友人の子供を注意してもいいか

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3