想い出は心の中に

恋愛備忘録短編集。本編は終わりました。ただ今 お休み中です。申し訳ありません。

  • 記事数 240
  • 読者 185
  • 昨日のアクセス数 1095

♡ ⑬ まーくん 再び

しおりをはさむ

2018/09/25 16:05:18

  • 20
  • 0

奥さん 絶対に確信犯だ。


奥さんはまーくんの3歳年上で
お世辞にも かわいいとはいえない。
きっとまーくんを
逃したくなかったんだね。


まーくん やられちゃったんだ!
なんだよ その女!


こんな馴れ初め最悪じゃん!





「ケイコさあ 群馬が大っ嫌いで。
いつも文句ばっかりで。
からっ風が嫌だとか
方言がダサいとか……。


そのうえ
大阪支店に転勤願い出せとか
会社辞めて大阪に引越そうだとか
勝手なことばかり言うんだ。


年がら年中
実家に帰るしね。


夫婦生活は拒否られまくりで
俺たち本当に夫婦なの?って
感じでさ。


でもさ
子供はめちゃくちゃかわいいんだよ。
だから なんとかやっていけてる。」


「やだ!
まーくんが 幸せ一杯じゃないとやだ!
そんな奥さん やだ!」


私はまーくんに抱きついた。


「私が いっぱい やってあげる!」


これまでに まーくんからもらった
たくさんの「好き」のお礼に


今、この時
まーくんのことを
めちゃくちゃ 愛そうと思った。


まーくんの小さくなったアソコを
口に咥えると
愛情こめて
丁寧に 丁寧に……


「サナ、、すごく気持ちいいよ。
男が離れないはずだよ 笑。
俺さあ、こんなことやってもらったの
初めて。」


「え?
奥さん フェラしてくれないの?」


「アイツはそういうのやらないし
俺も 頼めないよ」


まーくんは
奥さんの お股を見たことも
触ったことも殆ど無いと言った。


ただ挿れるだけで
奥さんはじっとしているだけの
セックスしかやったことが無いと。


「何それ!奥さん最低!」


私は
思いっきり股を広げて


「好きにしていいよ。何してもいいよ!」


そして
まーくんは


私の全てを
指で
舌で
唇で


好きなだけいじくり
舐め続け
吸い続け
理性を失ってやり続けた。


「サナちゃん 最高だよ。
凄いよ。
こんなの初めてだ。」


私の身体に夢中になって
奥さんのことなんか
忘れてしまえと思った。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/21 編集部Pick up!!

  1. 友人の子供を注意してもいいか
  2. FBの幸せそうな投稿見てイライラ
  3. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3