ブログランキング75

想い出は心の中に

恋愛備忘録短編集。本編は終わりました。ただ今 お休み中です。申し訳ありません。

  • 記事数 240
  • 読者 186
  • 昨日のアクセス数 1372

♡ ⑤ 健人との最高のセックス-2

しおりをはさむ

2018/09/20 16:31:02

  • 20
  • 0

「健人、おめでとう!
あなたは大人の男の仲間入りです! 笑」


「なんだよ、それ 笑」


「ねえ、一緒にお風呂に入ろう!」


身体の洗いっこをしていると
健人は勃ちっぱなしだし
私は濡れるし


もう ここで
とりあえず やるしかなかった 笑


浴槽に座った健人の上に
抱き合うように座る


うおーー
すげぇー


腰 頑張って動かして。
そう あ、あぁん あっ あっ …


健人
「俺、またイッちゃうよー」


ん、、んん、…
うっ うううーーー


早くも2回目終了。
若いなあ…… 笑


「ごめん。なんか俺 早すぎない?」


「大丈夫だよ。初めてだからだよ 笑」


「サナの中 気持ち良すぎるんだよ。
本当はもっとずっと入ってたい。
もうずっとずーっとやってたい」


あまりにも直球の言葉に
思わず嬉しくなる。


「わかった。
ゆっくりやろうね 笑。
さて綺麗になったところで……」


私はおもむろに
健人の少し小さくなったモノを
口に咥えた。


「うわーー うぉ ぉぉ、、、
たまんねー 」


あっという間に立派になった。


「健人の凄いよ。
ココが一番好きかも 笑」


「ひょー 凄いよサナー。
お、オーー
またイクよーー
このまま出していいの?」


オッケーサインを手で出すと


んっ ん うううーーー


ビクンッ ビクンッと動いて
口の中にドロっと
健人の一部が入ってきた。


私はそれを飲み込んだ。


「えーーーー!
サナ 飲んじゃったのーー!!
汚いよーもうやめろよー 」


「さっきは下から
今度は上から
健人の全部を私の中に入れたんだよ。
健人の全てが欲しかったの。」


「俺 感動だよーーー。カンドーー。
俺もサナの飲む!」


「飲むほど何も出ないよ 笑」


私の秘密の場所を
舐め回しながら
思いっきり吸い始めた。


「サナのも 美味しい。
美味しいよ。
大好き。大好きサナ…」


(かわいい 健人、、、
たまんないなぁ 、、私も大好き!)


まるで盛りのついた猿だ。
もう2人を誰も止められない。


やっても やっても やり足りない。


優しく
激しく
狂おしいほどに
求められる喜びを感じながら


それはもう
最高のセックスだった。

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/19 編集部Pick up!!

  1. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い
  2. 「孫依存」の母に振り回される
  3. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3