想い出は心の中に

恋愛備忘録短編集。本編は終わりました。ただ今 お休み中です。申し訳ありません。

  • 記事数 240
  • 読者 186
  • 昨日のアクセス数 980

♡ シゲ ⑦

しおりをはさむ

2018/08/31 16:16:03

  • 15
  • 0

「シゲ、そのカチカチどうするの?
そのままで大丈夫?」


「じゃあ サナが口でやって」


「えーーっ!
そんなのやったことないよ!」


シゲが私のところへ来て
私をお姫様抱っこして
ベッドへ連れて行く。


「今日は一緒に寝るだけにしよう。
俺は大丈夫。
こいつも そのうちしぼむよ」


そう言いながら
私を自分の腕枕の中に
そっと入れ
頭を優しく撫でてくれた。


優しいね。
タカシの友達だもんね
やっぱ いい奴。


私はシゲから抜け出して
布団の中へ潜り込み
硬くなったアソコを持って


自分の口の中に含んだ。


(上下に動かせばいいんだよね)
とりあえずピストン運動あるのみ


シゲはなかなかの大きさで
結構 大変だ。


「気持ちいいよ。
そのまま いろいろやってみて」


「うっ、 うっ、 あっ それいい」


シゲに指導⁈を受けながら
途中、限界だったけど
なんとかオェっとなるまえに
シゲをイカせることができた。


口の中で
それはドロっとしていた。


口をゆすいで戻ると


「えー 飲んでくれなかったの?」


「え!普通 飲むの?」


「嘘だよ〜。
でも飲んじゃう子もいるみたいだよ。

サナ、ありがとう。
気持ち良かったよ。
じゃあ次は…」


そう言うと
私の胸の小さな膨らみに食らいつき
激しく吸ってきた。


あ、あん、、んっ、、


「サナ いやらしい声」


シゲは私の身体の隅々まで
たくさん愛撫して


私が気持ちよくなるところを
次々に見つけて


手慣れたやり方で
2回もイカされた。


シゲのアソコはまた復活していて
私は愛おしい気持ちで
口に含む
そしてシゲはもう一度イッた。


さすがに口の周りの筋肉は痛いし
私も続けて2回もイクなんて
もちろん初めてだし
ぐったりと疲れた。


でも心地よい疲れ。


シゲは明るい。
面白い。
そして優しい。


(どんどん好きになっちゃうな…)


結局また初体験には至らなかった。


ここまでやるなら
後は挿れるだけだろー!
だったらやれよー!
と思ったけど。


そこはなんか
シゲのケジメ?なのかなぁ。


今日のことは
ずいぶんと中身の濃い
経験だと思うんだけど
未だに処女のままの私なのでした。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 3軒目のお店に入って、私の目に飛び込んできたのが、イサムくん...

  2. 私はシゲのパンツを脱がしてあそこを咥えた。シゲ『気持ち良...

  1. シゲは黙ったまま私を見ていた。ここまで来るともう何も怖く...

  2. 早くシゲに会いたいなっ(´-`).。oO(顔がにやけてい...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/23 編集部Pick up!!

  1. 無意識にマウンティングするかも
  2. イヤイヤ期の復活で爆発しそう
  3. 子あやし疲れ少し休憩していたら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3