ブログランキング33

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 3814
  • 読者 778
  • 昨日のアクセス数 7269

テーマ:小説 > 恋愛

2018/08/10 22:54:00

  • 103
  • 1

「ぐあっ!!」

入口に立っていた男に思い切り一発見舞ってやる。

「誰だ!!」

電話をかけていた男が振り返ったが、そこにもすかさず拳を飛ばした。

「環…」

部屋の隅に、両手足を縛られたお嬢さん。

「そこのドアから出てください。外に万里がいます。」

ロープを切って、ドアに視線を向ける。

「環…どうして、ここが?」

「そんなことはどうでも…お嬢さん…血が…」

チンピラ達に殴られたのか、お嬢さんの口元には血がにじんでいる。

…今まで坊ちゃんと二人、こんな危険とは交わらない世界だっただろうに…

そう思うと、やりきれなくなった。

その血をゆっくりと拭って。

「仲間が来ます、早く。」

俺を気遣ってか、なかなか歩き出そうとしないお嬢さんの背中を押した。

窓からお嬢さんと万里が合流したのを確認して。

俺は小僧の元に戻ろうと…

「やめてくれ!!」

声に振り向くと、俺に殴られた二人が両手を上げて震えている。

その先には…銃を手にした小僧。

「う…撃たないでくれ!!」

「は?これって撃つためのもんだろ?」

「たっただの…ご…ご…護身用だ!!

小僧を刺激しないように、視界に入るようゆっくりと男二人の背後に回る。

「…邪魔すんなよ、おっさん。」

「だから、誰がおっさんだ。」

俺の声に驚いた二人が、体を大きく揺らせて振り返った。

「はっ…!!たっ助けてっ!!」

溜息をつきながら、二人の腕を後ろで拘束する。

「邪魔すんなっつってんだろ!!」

怒りに火のついた小僧は声を荒げたが。

「こいつらを殺してどうする。」

静かな声でなだめるように言い聞かせる。

「お嬢さんを大事に想うなら、今はその身が無事だった事を喜べ。」

「…殴られて血が出てた。」

「……」

それには俺も若干怒りを覚えたせいか…すぐには言葉を出せなかった。

だが、ここで小僧が誰かを傷付けたら…

…坂本さんは、こいつを消す。

「それを渡せ。」

ゆっくりと手を伸ばす。

小僧は怒りに満ちた目で、俺の背後に視線を向けたまま。

背中を向けていても分かる。

二人のチンピラは…まだ何か隙を狙ってる。

俺としては、そんなチンピラよりも…小僧を止める方が重要だ。

…こんな面倒事、放っておきたかったはずなのに。

「そんな奴らに背中見せるとか、あめーんだよ!!」

小僧の怒りが頂点に達したらしい。

俺の背後に忍び寄った二人のどちらかを狙った小僧。

撃たせてはいけない。

引き金が引かれる瞬間、俺は背後の二人を腕を伸ばしてそのまま仰向けに倒した。

パン

聞き慣れた銃声と、瞬間的な熱が頭をかすめて。

「…あ…っ…」

目を見開いた小僧が膝から崩れ落ちるのが見えた。

「ひいっ!!」

両手を後ろで拘束されたままのチンピラ達は、腰を抜かしたように仰向けのまま這いずり回り。

「環、大丈夫か?」

そこへ…甲斐さんがやって来た。

「…それを置いて、早く行け。」

小僧にそう言うと。

「な…なんでだよ…なんで…」

小僧は震える右手を左手で押さえて呆然とした顔。

「早く、行け!!」

珍しく…大声を出した。

頭から流れ出る熱が、少しだけ気持ちを昂らせる。

「いいか。自分の町に戻れ。もう…こっちでの修行はおしまいだ。」

「……」

「森魚。」

「…分かったよ………環…さん…」

森魚は震える膝で立ち上がると、何度か振り返りながら…倉庫を出た。


「…万里が来るから、もう少し意識を持て。」

甲斐さんはそう言って、チンピラ達のロープをほどくと…

「ぐはっ!!」

「うっ!!」

二人に一発ずつ見舞って…意識を失わせた。


「環!?」

倉庫に入って来た万里が、頭から血を流す俺を抱きとめて。

「何があった!?」

驚いた顔をした。

…そりゃそうか…

ケガなんて…初めてだ。

かすっただけでも、撃たれるって痛いもんだな…

そんな事を思いながら、万里の肩に体を預ける。


その後…憎らしい反抗期の小僧は、ちゃんと町に戻った。

と…甲斐さんから聞いた。


出来る奴だが、感情がむき出しになるのは…いただけない。

そもそも、俺に仕える者なんて要らない。

俺は、その一件で彼の事は忘れる事にした。

同じテーマの記事

コメント1

しおりをはさむ

  1. ヒカリさん(100歳)ID:6731258・08/10

    もしかしたら辻褄が合わない所があるかも⁉︎
    あったら見逃して〜!(*´∀`*)

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/20 編集部Pick up!!

  1. 子連れに謝罪され感じたこと
  2. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  3. FBの幸せそうな投稿見てイライラ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3