ご主人様と愛奴の日々

ブログ移行中です…aidopet.livedoor.blog/ 順次記事削除します★

  • 記事数 186
  • 読者 258
  • 昨日のアクセス数 752

いつでもどこでも

しおりをはさむ

2018/06/30 16:31:12

  • 9
  • 0

ご主人様、仕事から帰宅。

娘が居るリビングのドアを閉め
廊下でおかえりなさいのハグをする。

二人で洗面所に籠もる。

軽く吐息が漏れるほどのキスを交わしたら
クルッと後ろを向かされる。

「脱げ」て言われずにズボンを下ろされる。

自分でスルリと脱ぐ。



「濡らしてなかったらチンポやらんからな」
ていつも言われる。

前戯無しで生で挿れられるのが当たり前な
この躰は、ご主人様のことを想うと
常に濡れていつでも準備万端な躰に
いつしか成っていた。


この日も勿論言われる。

「濡らしてるんやろうなぁ?」

「はぃ…サヤカで気持ち良くなってくださぃ…」

言い終わらないくらいに
ズン!!と奥まで突かれる。

「……ん…んんっ…はぁっ…」

洗面台に顔を伏せながら
快感に任せ出てしまう声を耐えていると
後ろで1つに結わえている髪束を引っ張られた。

「っ…ぁあっ!」
顎が上がると声が出ちゃう。

鏡に映るご主人様の悪い笑顔に
おまんこがキュウキュウに反応する。

「俺見んでええから自分の顔見ろ!!」

「はぁい…」

あ。顔になんか付いてるし…
化粧落ちてるなぁ…
目の下黒いしぃ…

あ。ご主人様にバレた(笑)


私は、鏡の自分の姿では一切萌えない。

一気に冷める。

だから、ご主人様のことだけ見てる様にしてるのに(笑)自分の姿見て何が楽しいんだか!!
どんだけナルシストなんだよぉ〜(笑)


そんな考えはご主人様に筒抜けだから
誤魔化す様にニコッ(ニヤッ?)と鏡越しに
笑い掛ける。


その余裕を消す様に
ご主人様の腰の動きが激しさを増す。


小声で「イクイクっっ♡」

軽く数十回逝っちゃってる。


娘に気付かれるかもしれない。

ご主人様はそんなのお構いなしに
腰を振る。

強くスピードをつけて、最奥を刺激される。

「っはぁ!!」思わず大きな声が出ちゃった。


まだ止めないご主人様。

ここでご主人様が逝くことは無いのに。

ご主人様が逝かないのに
自分だけ気持ち良くなってしまったことを
叱られる。

お赦しももらってないのに
勝手に逝っちゃって。



ごめんなさい。
もう、いつ逝くのか
いつ逝ってるのか
今が逝ってるのか
逝った後なのか
そんなの全く分からないくらいに
挿れられた瞬間から逝きまくってます(笑)

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. フェラしながら、ご主人様がどんな顔をしているのか窺う。...

  2. 隣の部屋にも勿論人が居ると思っていたその時は壁に顔を押し...

  1. 帰宅して。庭でご主人様に上着を剥がれた。身体には、ガ...

  2. 快感

    07/14

    キスしながらおまんこ触られるとなんであんなに簡単にイキまく...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/21 編集部Pick up!!

  1. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  2. ママ友に苛々した出来事トップ3
  3. 新築お披露目で義両親にイライラ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3