ブログランキング97

『明日のきみ。昨日のわたし。』

いつも、みたよ、共鳴、ありがとうございます!

  • 記事数 647
  • 読者 2775
  • 昨日のアクセス数 1291

しあわせに

しおりをはさむ

2018/06/16 23:27:57

  • 271

服を買って、



そして、夕飯や、



アロマキャンドル、



電子レンジで温めて使えるカイロなどなど、




両手にたくさんの荷物を提げて



要一郎が帰って来た。



やかんでお湯を沸かして、




二人で緑茶を飲む。




『俺が、お寺に行くのはまずいかな、金曜日』




うーん。



そうだね、元夫はまずいね、




城くんの友人ではあるから。




うちに来てよ。





お寺は、寺崎のご両親がいらっしゃるから。




うちの方が気楽だよ、きっと。





『そうか、そうだな、じゃ、金曜日の夕方でいいかな』





うん…。夕方でいいよ…。





夕方…。





夕方…。





どんな状況になっているんだろう。




法要は、昼前には終わり、お寺の近くの割烹で、




お食事をする。




その後は、お義母さんのご兄弟は国立の家へ移動し、



お茶を飲む予定。



お義父さんは、誰も呼ばず、そのまま五反田の自宅へ帰る、と連絡があった。





『愛菜、俺は、お前には幸せでいて欲しいと思ってるよ。
寺崎くんと結婚する時も、お前が幸せそうだったから、安心した。
まさか、こんなことになるなんて誰も予想していないからな。』





うん。




『どんなに痩せても、お前はお前だし、何も変わらない。
ずっと、忘れられなくてつらいと思うけど。
お前には、航平っていう子どもがいるんだから。



どんなことでもいいよ、なんかあったら俺に言って。
俺たちは離婚しちゃったけど、こうやって、会うこともできるし、協力もできる。』




うん。




わたし、壊れそうだよ、要一郎。







要一郎が、ぎゅっ、と抱きしめた。




『壊れてもいいよ、何年かかっても、なおせるから。


50になっても、60になっても、俺はそばにいるつもりだから。』






キスした。





今度は、昨日とは違う。




頬にも、おでこにもキスして、




唇にもキスして、




深く深く





唇を吸った





二人とも、目を開けた





『愛菜』





しっ、言わないで






聞かないで







私は壊れたい





何もかも







忘れたい







忘れたくない








今日だけ






何もかも






もう、いい




どうなっても






私のせいだから








私のせいじゃない





違う世界に行きたい









要一郎が




優しく



優しく




全身を撫でて、触って





密着して、







頭がしびれる







私は






どうなってしまうのだろう













◆◆◆◆◇◇◇◇◇◆

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 明日で、1ヶ月になります。私の、夫...

  2. 私と航平は、ホテルで朝食を済ませたあと、タク...

  1. 寺崎の家に到着して、まずは、お義母さんに、入院中、もの...

  2. なんというタイトルでしょうでも、その通りなんで。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/17 編集部Pick up!!

  1. 何もない所で何かを呼ぶ娘が怖い
  2. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化
  3. 友人の子供を注意してもいいか

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3