小説置き場

原案上は完結。終了迄に完結!?ギャー(T0T)ゆっくり更新するつもりが(;´д`)

  • 記事数 636
  • 読者 85
  • 昨日のアクセス数 427

521夢で見た話から作成

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2018/05/18 07:55:34

  • 6
  • 0

お昼のラッシュも、将太さんと店長居ると怖いものが無い。
何か有っても、全て対応してくれる。

 ──

嵐が去って、カラカラになった冷ケースを眺める。
汚れがあると目立つので、取り合えず掃除しよう。
明かりに釣られて、夜なんか虫がよく入って来るけど、奥で死んでたりしたら誰も買ってくれなくなってしまう。
虫もこんな所、来たって何もいい事無いのに、憐れな。
生きてるうちに発見したら、なるべく外へ逃がすようにはしてるんだけど…

「おはようございます!」
元気に海斗くんが来た。
(もうそんな時間!?…あ、本当だ。15時前)

着替えて出てきた海斗くん。
「アヤさん─」
と何か言いかけた所で、店長に捕まって引き継ぎ。
引き継ぎ終わって、早速
「アヤさん」と寄ってきた海斗くん。
「いつもと反対っすね」
と嬉しそうにしている。
「そうだね。お疲れ様です」

私は入れ替わりにバックへ行って着替え。
将太さんも来た。
(あれ?海斗くん、今日随分早いんじゃあ…)
と思っていたら、
「試験休み…なんだって…海斗くん…」
「あぁ、なるほど」

何で考えていた事がわかったんだろう?
さすが将太さん。
でも、しょっちゅう試験あって大変だよね、学生は。
その当時はあんまり思わなかったけど、今は無理かも…

元気な海斗くんに見送られて帰った。
バイト帰りなのに元気出た。
凄いな、海斗くんって。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 「あれ、アヤさんの彼氏っすかね?」手を繋いで去って行く二人...

  2. 3月になると、色々な事が動き出す。大樹さんは大学院へ行くの...

  1. 「誰なの?」「だぁれ?」美羽と楓が覗きに来た。「あ…バ...

  2. 「そう、だけど…君は?」亮はちょっと驚いた顔で、海斗くんに...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/19 編集部Pick up!!

  1. 仕事に行くフリして働かない夫
  2. イヤイヤ期の復活で爆発しそう
  3. 友人の子供を注意してもいいか

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3