ブログランキング17

STORY BOX

お話を中心に書いてます… ただ今、引越し中ですが25作目執筆中…

  • 記事数 3175
  • 読者 861
  • 昨日のアクセス数 8328

いけない恋だとわかっていても…112

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 男女関係

2018/05/17 18:58:47

  • 60

………









私は穂高さんの隣に座った


「何?…話って?」



いざ…話をするとなると

簡単に言葉が出てこない…




私は穂高さんの方に向いて
話をする


「穂高さん…

今日まで私と一緒に
生きてきてくれてありがとう。」



「何だよ?改まって…

これから何処か行くみたいな
言い方だな…」



「…私、穂高さんに
甘えていたのかもしれない…

でも…ずっと待たせるわけにも
いかないよね?」



「それって
プロポーズのこと?」



「まぁ…それもあるけど。

もしもだよ?
穂高さんが私以外に

凄く好きな人が
現れたら…私…ここから…」



「杏ちゃん、
何言ってるの?」



穂高さんの顔色が変わった


「もしもの話してるの…」



「もしもなんて無い!

俺は杏ちゃん一筋だから…」


ドキッ…


真剣な表情で
私の腕を掴んだ…


…痛い

掴まれた所が




「私…穂高さんのこと
好きだよ?」


「好きなら…
プロポーズ受けてくれないか?

せめて籍を入れてほしい…
結婚式なんて
挙げなくてもイイ…

何て言ったらイイんだろ?
夫婦になったと言う証みたいなのが
欲しいんだ…」



朝くんにプロポーズをしてもらった時は
ちゃんと考えないでいたかもしれない…


今はあの時とは違い
時間が経って

色々考えすぎてるから
ダメなのかな…って思った









………

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 何も考えずに言葉が先に出ていた。私の言葉を聞いて、横山さ...

  2. 簡単

    01/28

    欝になるのは意外と簡単かもしれないでも欝の私に向か...

  1. もしかして、彼にも好きな人がいるのかな彼が私とあなたは同...

  2. 心の整理

    2017/09/06

    たくみ君の話が終わり私は言葉が出なかった…どんな...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/17 編集部Pick up!!

  1. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  2. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  3. ママ友に苛々した出来事トップ3

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3