ブログランキング50

Only you

過ぎたるは及ばざるが如し。 ☆ヤンデレ注意☆

  • 記事数 361
  • 読者 338
  • 昨日のアクセス数 3073

テーマ:小説 > 男女関係

2018/05/16 07:13:35

  • 72
  • 6

『結局…斬谷の目的は犯人を追うことだけで…
目的を果たしたから居なくなったって
頭ではわかってるんですけど。

だけどずっと一緒に居てくれて、守って貰ってたのに
蛭間さんが死んだとき…私は斬谷が怖くて。
それがあいつに伝わったのが………
その……申し訳無いって言うか……』




夢に出てきた蛭間さんの事も
ごちゃごちゃになってしまったけど
全部小鳥遊さんにぶちまけた。




『つまり、優子ちゃんはどうしたいの?』


『…………………』


『斬谷さんが人を殺したのは自分のせいだから?
謝りたいの?』




そうじゃない。……気がする。





『……でも。忘れた方がいいんですよね。全部…』



机の上の誓約書を眺めて言った。
小鳥遊さんも誓約書をちらりと見た。



『優子ちゃん、あのね………』



小鳥遊さんが複雑な表情で口を開いたとき




『すみません。今日の面会時間は終わりです。』



看護師さんが入ってきた。




『え。もうそんな時間ですか!?』

あわてて時計を見るともう8時過ぎ。





『すみません!長々と聞いて貰って!』

『良いのよ。また来るわ。これ、私の連絡先。
何かあったらすぐに連絡して。』

『ありがとうございます。
聞いて貰えて、すっきりしました。』




名刺をくれた。






…………………………………………………………………………………




『オウ。紅子。お疲れさん。』



病室を出るとすぐに呼び止められた。



『どうだ?あの子の様子は。』



何回注意しても。
この人は無精髭をそのままにする。

自分の格好には無頓着でがさつな癖に
弱ってる人をほっとけない質で不気味な癖に
とことんお節介をやく。



特に女の子には。



……………。

でも私はそのお節介なところが好きになってしまった訳だけど。






『良くないわね。』

『だよなァ。……お、あれ。あの子の主治医だ。』



前から、真っ白な白衣姿の
いかにも真面目そうな男性医師が歩いてきた。



『あれ?刑事さん?困りますよ、勝手に。
浅見さんの面会は私を通して頂かないと……
こちらは?』



訝しげな視線。



『浅見優子さんの友人としてお見舞いさせて貰いました。』




私が微笑むと、相手の警戒心は直ぐに下がった。




『実は私も先生と同業者なんです。』

『えっ…そうなんですか?病院はどちらですか?』

『○○大附属病院です。ご存知ですか?』


『そりゃあ!勿論!○○大附属病院と言えば
菅原先生がいらっしゃいますよね?
私はよく菅原先生の講演会や論文を参考にさせて貰ってます!』


興奮ぎみで、上機嫌。



あわよくば、憧れの菅原瑠可を紹介して貰えるかも…!
ってところかしら。







『そうなんですか。
そのわりに勉強不足でいらっしゃいますね。』




男性医師の表情が固まった。

隣の西城刑事は『またか……』って顔で頭をかいた。





『先生は浅見優子さんのカウンセリングもその白衣姿で行ってますか?』

『……それが何か?』




『彼女が保護されたのは廃業した病院の手術室だと聞いてます。犯人は医大生だとか。
白衣を着用していた可能性もありますよね?
それが不安感を与えるとは考えませんでしたか?』


『……それは……確かに…』



『そもそも、彼女は病院自体にストレスを感じてます。
退院を早めるべきでは?』



『!それは出来ません!
彼女はまだ食事も取れていませんし!』




そこだけは譲れないとばかりに反論してきた。







『だったらさっさと彼女の病室を1階に移しなさい。
PTSDから錯乱状態になって自傷行為に繋がる例も論文にはあったはずよ。』



『………失礼しました……直ぐに対処します……』








『お前の相手を論破する癖。なんとかなんねーの?』

『あなたの無精髭と同じで、直らないわね。』



並んでエレベーターを待ってると、到着したエレベーターから女の子が入れ違いで降りてきた。

綺麗な顔をした、歳は浅見優子ちゃんと同じ位の子。



『連絡通路は………2階だな。』

『そうね。』



私と西城刑事はエレベーターに乗り、上の案内板を見ながら話していると、閉まりかけのドアの向こうから先ほどの女の子の声が飛び込んできた。



『エー!面会ダメデスカ!?
そんな……急いでキタノニ!』




あの子……中国人なのかしら。




『優子チャンに会いたいデス!ダメ?』






『待って!』

『お?』



西城刑事があわてて開くボタンを押す前に
ドアの隙間に手を入れて、閉まるのを止めた。




そのままエレベーターを降り
ナースステーションでごねる女の子の肩を叩いた。





『あなたがメイファンちゃんね。』

『?ソウデス………』






浅見優子ちゃんの回復には
おそらくこの子が必要。

同じテーマの記事

コメント6

しおりをはさむ

  1. るるぶさん(29歳)ID:6695282・05/17

    ティファニーさん
    そうみたいですね( ´∀`)
    まだ西城さんは刑事やってます( ´∀`)

    おじいちゃんカウンセラーかぁ!
    その手がありましたね(*´ω`*)

  2. るるぶさん(29歳)ID:6695281・05/17

    アマンドさん
    小躍り(*´∀`)
    果たして優子ちゃんはキリちゃんに会えるのか?( ´∀`)

  3. ティファニーさん(43歳)ID:6695175・05/17

    るるぶさん❤︎
    わぁ!こっちの方が時代が早いんですね!
    西城さんの名前が出た時、てっきり西城さんがおじいちゃんカウンセラーになってたのかと思ってました!

もっと見る

関連するブログ記事

  1. 今日は午後イチで取引先との打ち合わせがありそのあと白沢グルー...

  2. 夢の中②

    2016/08/25

    ブログを読みながら寝落ち(-""-;)見た夢は…...

  1. 病院に着いてから要から連絡があった病院の場所と、まだ検査...

  2. ラブラブ攻防戦。はじまるよぅ~(あまり期待しないでね…汗)...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/19 編集部Pick up!!

  1. 「孫依存」の母に振り回される
  2. 何もない所で何かを呼ぶ娘が怖い
  3. 共稼ぎなのに夫が家事をしない

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3