ブログランキング4

不器用なわたしたち

  • 記事数 153
  • 読者 707
  • 昨日のアクセス数 31868

テーマ:小説 > 男女関係

2018/05/16 10:10:57

  • 76
  • 0

お店はまだどこも開いていなかった。
仕方がないのでタクシーで私の部屋へ向かった。

「散らかってるからあんまツッコまないでね!」

「いつもそんなキレイじゃないじゃん。」

「うっさい!」

「そう言えば新しい部屋来るの初めてだね。」

「そうだな。」


長瀬が居ると、狭い部屋が余計に狭く感じる。
私は簡単に朝食の準備を始めた。

「あいかわらず愛想のない部屋だな。」

本棚に入り切らず、床に積み上げている仕事関係の本を
パラパラめくりながら言った。

それは反論できないので、スルーした。

「これさー」

「ん?」

長瀬が指を指していた。
その方向を見ると、ワンピースがあった。

「ああ、同窓会に着ようと思ってたんだけど時間なくて。」

「こんなの持ってたんだ。」

「まぁ、一応ね。ははは」

長瀬は立ってわざわざ見に行った。

「俺お前がスカート履いてる所なんてほとんど見たことないよ。」

「そうだっけ?」

「いっつもパンツスーツかジーパンかジャージじゃん。」

「まぁね。」

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/25 編集部Pick up!!

  1. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  2. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化
  3. 子あやし疲れ少し休憩していたら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3