アリスさんのブログ

恋愛小説ふう回顧録、ときどき普通

  • 記事数 873
  • 読者 35
  • 昨日のアクセス数 407

テーマ:小説 > 男女関係

2018/05/14 20:50:29

  • 0
  • 0

朝御飯が出来た。
だから二人を起こそうと思った。
だが、二人は驚くかもしれない。
昔、姉が使わずに保存した洋服がある。
ちょうど2着あった。
それぞれが寝ている傍に置いた。
そしてメモを残した。
「朝御飯が出来ました。僕は少し出かけます。
どうぞ着替えて下さい」
やがて私は起きた。用意された洋服を着た。
先生がいないことに気づいて寂しくなった。
思わず探しに行った。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 翌朝

    05/13

    私と田中さんが先生に寄りそう形で寝ていた。亮は二人を見て「...

  2. 翌朝

    07/21

    私はソファにいることに気づいた。その近くで誰か寝ている。...

  1. 翌日

    02/08

    私達は朝までずっと一緒だった。私が早くに起きて珈琲をセット...

  2. いつも僕が帰っている時間になっても、太陽は僕の手を離さなかっ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/20 編集部Pick up!!

  1. 無意識にマウンティングするかも
  2. イヤイヤ期の復活で爆発しそう
  3. ママ友に苛々した出来事トップ3

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3