ブログランキング10

STORY BOX

お話を中心に書いてます… 23作目…執筆中です

  • 記事数 3298
  • 読者 848
  • 昨日のアクセス数 12551

いけない恋だとわかっていても…98

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 男女関係

2018/05/14 23:10:26

  • 50

………









焦らずゆっくりと…


私は
穂高さんに
微笑みながら


「ありがと…
穂高さんがそう言ってくれて

ひとりで悩んでいたことが
ちっぽけに思えてくるよ…


穂高さんのおかげで
眠れなかったのに
今は眠りにつけてるの…

それは実家に帰って実感したんだよ?
私…ひとりだと眠れないんだもん…


穂高さん無しでは
私…生きていけなくなってる。」



「杏ちゃんは
…嬉しいこと言ってくれるな。


いつ死んでもいいくらい
嬉しいよ?」


私の頭を撫でながら
穂高さんは言った



「…ダメ。

穂高さんが死んだら
私が生きていけないよ?

もう…悲しい思いをするのは
嫌なの…

朝くんだけでなく
穂高さんまで居なくなったら…

私…」



言葉に詰まってしまうと


「ごめん…杏ちゃん。

1日でも長く生きれるように
頑張るよ…」



「それなら…カラダに良いもの
食べないとね?

朝食…何が食べたい?って…

冷蔵庫見ないと
作れないけど…」



「…うん、何が良いかなぁ…

今は杏ちゃんとこうして居たい。」



そう言って

私をギュッと抱きしめてから
おでこにキスをした…



幸せだなと感じた…









………

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. ………さっきまでの皇征とは違くなって...

  2. ………私は穂高さんに声を掛けた「…...

    STORY BOX

    • 45
    • 0
  1. ………モゾモゾ…と動きがあったゆ...

    STORY BOX

    • 73
    • 0
  2. おっきなオワンなみなみにプルプルふるえるプディング...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/19 編集部Pick up!!

  1. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い
  2. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  3. 妊娠報告に「バカなの」と義両親

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3