小説置き場

原案上は完結。ブログではやっとこれでも半分過ぎ。立ち寄りありがとう。

  • 記事数 529
  • 読者 74
  • 昨日のアクセス数 287

517夢で見た話から作成

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2018/05/14 01:59:35

  • 7
  • 0

5時半。アラームで起きる。
隣で亮はまだ寝ている。
「亮~。後、15分くらいでうち出るよ。起きないと」
揺すってみる。
「う~ん…後5分…」
取り合えず私は支度しよう。

かぼちゃの煮物食べて。服着替えて。
5分経って亮を起こす。
「5分、経ったよ。後10分くらいで出るけど…」
「……あっ、そうだ!ここアヤんちだった」
亮がガバッと起きた。
「わっ」
あまりに急に起きたのでびっくり。
顔ぶつかりそうになった。

「わー!頭凄い事になってる~」
洗面所で自分の頭見て、騒いでいる。
(あっ、水かぶった。
浴槽に頭突っ込んで、首、ブンブン振ってる。…犬?)

「今度からキャップ持ってこよう…」
頭濡れてぺっちゃんこになった亮が、呟きながらバスルームから出てきた。
そして、鞄に着てきた物、詰め込んでる。
「そのまま帰るの?」
「うん。もう帰るだけだし」
「じゃあ、そろそろ出るよ」
「OK」

二人で一緒にバイト先まで。
道中、あんまり人気がなくて、少し涼しい。
「あっ!亮、傘は?」
結構進んでから、持ってないのに気付いた。
「ああっ!忘れた…。もういい。置き傘という事で」
「うーん」

バイト先着いた。
「じゃあ…」
行こうとしたら
「アヤも忘れてる」
と腕を引っ張られ、チュッとキスされた。
(あわわ…バイト先の前なのに)
「じゃ、いってらっしゃい」
手を振って見送ってくれてるけど、私はそれどころじゃない。
(あぁ~見られてませんように…)

店内へ入り
「おはようございます…」
そーっとバックへ行こうとしたら、
「朝から熱いねぇ、アヤちゃん」
駿さんに思いっきり見られていたらしい。
「あぁ…うぅ…すみません」
恥ずかしくて、穴があったら入りたいって、今まさにそれ。

バックに行くと将太さんが居た。
「おはようございます」
「……ます。仲…良いね…」
口元が笑っている。
「えっ…」
(まさか…将太さんにも見られてた!?
これから一緒なのに…
亮のバカっ!
後でLINE送っとこう)

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. おはようございやす。ワシ、今日、寝坊しやした。いあ、一旦...

  2. 目を覚ますと、私の頭に手を置いたまま、ベッドの階段にもたれて...

  1. 目が覚めると、アヤが居ない。(夕べのことは夢だったのか?...

  2. ………その後…雄大は私が...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/26 編集部Pick up!!

  1. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  2. 生後2週間 夫婦で寝顔を見てたら
  3. 共稼ぎなのに夫が家事をしない

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3