ブログランキング13

STAY

〜will be together yous ever〜

  • 記事数 492
  • 読者 708
  • 昨日のアクセス数 14819

卒業前に

しおりをはさむ

2018/05/13 16:32:05

  • 127
  • 2

季節は3月に入った

いよいよ修ちゃんの卒業が近づいてきた

そして

やっと卒論が終った


本当に、卒業式2週間前のことだった

同じ学科の子でも、人によっては1月くらいにはもう卒論が終ってて、あとは卒業式を迎えるまで何もすることはなく遊び放題って子もいたらしいけど、結局修ちゃんはそこまで卒論がかかってた



修ちゃん「おわったーーーーーーー!!!」

私「お疲れ様、よかったね^^」

修ちゃん「うん、これで間違いなく卒業できるぞ」

私「うん、おめでと^^」

修ちゃん「うん、ありがとな
なんかすごい自負だけど、結構いいものが出来たらしい」

私「そうなんだ、なんかすごいね」


ちょっと薄めではあるけど、きちんと作られた一冊の本のような文献の卒論ができあがってた

そこにはしっかり背表紙に、   〇年度卒業 山下修二

って書かれてた

修ちゃん「なんかな、来年の授業の文献に使うらしい」

私「へーーー、すごいね」

修ちゃん「うん、なんかすごい自己満足」

私「お疲れ様^^」


ちょうどあたしも同じタイミングでレセプトが終わった


そしてその週の金曜日



修ちゃん「めい、明日飯いこ」

私「あ、うん、わかった・・・じゃ、仕事終わったら迎えにいくね」

修ちゃん「うん・・・な、次の日休みだから、ちょっとくらい遅くなってもいいよな?」

私「ん?うん、大丈夫だけど」

修ちゃん「うん、久しぶりにゆっくりしよ」

私「うん、わかった^^」


そして土曜日、仕事が終って、迎えにいった

修ちゃん「たまには遠出しよっか」

私「うん^^」


ドライブもかねて、遠くまででかけた

途中、すごくかわいいお店があって、晩御飯はそこに入ってみた


方向音痴のあたしは、もうどのあたりにいるのかもわかんなくなってた@@


食事をしてしばらくまた走ってると、どこだかの海の辺りに出た

河川になってる感じの海で、対岸には大きな工場があって、工場の光が水辺に反射して、すごくきれいだった


修ちゃん「降りてみるか?」

私「うん^^」

修ちゃん「あいかわらずお前、海、好きだな」

私「うん^^」

車から降りて、手をつないで歩く


修ちゃん「なぁめい・・・来週の日曜日
親父さんに、時間あけてもらえないか、お願いしといてくれる?」

私「え?」

修ちゃん「だから・・・・・」

私「あ・・・・うん・・・」

修ちゃん「前に言っただろ
就職する前に
きちんと挨拶しておきたいって」

私「うん・・・・なんか緊張する」

修ちゃん「あのな・・・・・緊張するのは俺のほうだって」

私「そうだけどさ・・・」

修ちゃん「もし、まだだめって言われたらどうしよ」

私「そん時は・・・そん時に考える」

修ちゃん「あはっ、お前の考え方、あいかわらずだな」

私「(*´∀`*)エヘヘ」


しばらく急に修ちゃんが黙り込んだ


私「ん?どしたの?」

思わず修ちゃんの顔を見上げた


修ちゃん「なあ、めい・・・」

私「ん?」

修ちゃん「ちゃんと聞いてくれる?」

私「ん?なに?」

修ちゃん「うん・・・ちゃんと言わせて」


そういうと、あたしのほうをまっすぐ見つめた

私「なっ、なに、改まってなによ」




なんだか・・・・・

すごくドキドキしてきた

同じテーマの記事

コメント2

しおりをはさむ

  1. メイさん(99歳)ID:6693452・05/13

    >モモさん
    あたしもすごくドキドキしました(笑)
    ただ、簡単には喜べない部分もありましたげとねw

  2. モモさん(54歳)ID:6693210・05/13

    こっちもつられてドキドキします。

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/24 編集部Pick up!!

  1. 新築お披露目で義両親にイライラ
  2. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い
  3. ママ友に苛々した出来事トップ3

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3