小説置き場

原案上は完結。ブログではやっとこれでも半分過ぎ。立ち寄りありがとう。

  • 記事数 524
  • 読者 74
  • 昨日のアクセス数 736

514夢で見た話から作成

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2018/05/11 01:55:23

  • 6
  • 0

アヤの幸せそうな顔でパフェ食べる姿、見てたら俺も幸せになった。
今度は俺のオススメのパフェの店、連れて行こう。

でも、その前に
「はい。食後、忘れる前に飲む」
ビタミン剤(ミネラル込みのヤツ)をアヤに強制投与。
「はーい」
と大人しく従うアヤ。
水飲んで「ほぅ…」とため息ついた。

何だ?何か今の、可愛かったな。

「アヤも満足したし、帰るか。明日、朝早いし」
「うん」

出たら、雨降ってた。
「……」
油断した。
傘、持ってきて無かった。
「アヤのコンビニで傘買おう。すぐ──」
そこだし…と最後まで言い終わる前に
「走って帰る」
言うが早いか、アヤは走り出した。
「ええっ!?」

今食べたばっかで走ったら、お腹痛くなるんじゃあ…
と思ったけど、アヤに着いて行かないと。
周りを見たら、同じように走ってる人、結構居た。
皆、油断したんだな。
ちょっと同志の気分。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. てっきり長峰さんは喫煙所にいるかと思ったんだけどいなかった。...

  2. 裏庭の割れた金魚鉢雨が降って水がたまってコケが張って...

  1. ボクの大好きな雨今日はボクのために大地のために降ってきた...

  2. 明〇屋さんで折り畳み傘を売っていたよ。畳むとコンパクトにな...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/21 編集部Pick up!!

  1. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い
  2. ママ友に苛々した出来事トップ3
  3. 妊娠報告に「バカなの」と義両親

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3