ブログランキング73

Only you

過ぎたるは及ばざるが如し。 ☆ヤンデレ注意☆

  • 記事数 278
  • 読者 270
  • 昨日のアクセス数 2351

聞こえる②

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 男女関係

2018/05/11 21:23:30

  • 44
  • 0

正直、ヤケになってるとしか思えなかった。



斬谷は病院に向かって優子の名前を数回呼んだ。



この雨だ。
音は何もかもかきけされて
返事なんか聞こえない。





『仕方ない。礼状を取ってから………』


眉なしが斬谷の肩に手を置いた。




だけど斬谷は柵に額を押し付け、目を閉じて黙ってる。




『………………聞こえた。』



『え?』



斬谷はそう呟くと
金髪女が持っていた赤い傘を掴み取り

あっという間に柵を乗り越えて敷地に入ってしまった。




『ちょっと!不法浸入よ!』



蛭間の母親が叫ぶが、斬谷はお構い無しに走り
傘を片手に持ちながらヒョイヒョイと手すりや配水管を伝って2階の西側の端の部屋の前にたどり着いた。




そして躊躇なくガラスを蹴破って中に浸入した。




『……そこはッ!なんてこと!!あぁああ………』



蛭間の母親はついに頭を抱えて水溜まりに膝をついた。




『……終わりよ……何もかも……蒼士……う、うぅ……』






『私達も行きましょう。
もう礼状なんて無くても現行犯で行けるでしょう。』



金髪女がサラリと言うと、眉なしはため息を吐いた。





『どいつもコイツも。好き勝手しやがって。』

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/23 編集部Pick up!!

  1. 「孫依存」の母に振り回される
  2. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  3. 無意識にマウンティングするかも

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3