ブログランキング42

あの頃の私と彼…の物語

大好きな彼とのお話⑅︎◡̈︎* 大学編➡︎社会人遠距離編へ

  • 記事数 579
  • 読者 1233
  • 昨日のアクセス数 4760

561.話しとは?…

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 回顧録

2018/05/09 17:55:39

  • 214

桐谷さんと横に並んで
スーパーを目指して歩いた


その道中で桐谷さんに

「あの〜お話しって?」


「ああそれな!
紗絵ちゃん英会話辞めるつもりなんかな?
思ってな…」


ツカツカ歩きながら私も

「いえ…辞めるつもりは無いですよ?
ただ、りっちゃんが居る間は
休むことにしただけで…

それ私、マコさん←(教室仲間)に
メールでお知らせしたんですけど
聞いてませんでした?」



「あーーそれがな💦
聞いたような?
聞いてへんような?やねん!(笑)」


はぁ?どないやねん?(。˘-_-。)って

ツッコミたいのを抑えながらも
しばらく会話が続いたが…


やはりスーパーに入店すると
献立を考えながらの食材選びには
桐谷さんは、ハッキリ言って邪魔だった💧



例えば…

今日は、チキン南蛮がいい!と
リクからのリクエストもあり
モモ肉を見ると思ったより高くて
隣のムネ肉の方がかなりお買い得やった✨

そうするとメニュー変更は当然で

ムネ肉なら…ソテーして…
トマトソースがけなんかどうやろ?

キノコも入れてイタリアン風とか…

トマト缶ウチにあったかな?とか…

そんな記憶を辿ってる時に
全く違う話をされても
内容が頭に入らないから💧



申し訳ないけど彼に

「あの〜〜?
ながらで聞くって言うのは
スーパーでは無理やわ💧

申し訳ないんですが…」


「あーごめん!ごめん!」


それで、しばらく大人しくなり


タイムセールのアスパラも
お一人様1束限りなのを
桐谷さんが居るから2束ゲット出来たから
来てもらったの悪く無かったかも?と
思ったのも束の間だった…



この後、桐谷さんが何気に

「紗絵ちゃんアスパラ2束ほしいから
会計まで残ってって言ったんやろ?」



「まぁ…はいそうですね…
だって…お会計済まないと意味ないので」



「紗絵ちゃんってな…
そういうトコはズルこいな(苦笑)
アスパラ2つ買うんもりっちゃんの為で…
その為には利用出来るモンは的な?

だけど思考は、おぼこいって言うか…

違う??

あの女学院出身なら
世間知らずなのも納得やけど…

全てがりっちゃん中心やん?

狭い世界にいるんやな?…(苦笑)」


そう言った…💧

その何気に発した言葉が私を傷つけ

私たちは、険悪な状態になった…。

同じテーマの記事

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/24 編集部Pick up!!

  1. FBの幸せそうな投稿見てイライラ
  2. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  3. イヤイヤ期の復活で爆発しそう

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3