きゅん♡とするおはなし

主に恋愛小説。短編多し。きゅん♡とする話を目指して、日々のストレス発散に書いてます!

  • 記事数 1262
  • 読者 504
  • 昨日のアクセス数 795

Wedding Song Y to K 27

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2018/05/16 15:43:58

  • 27
  • 0

家に帰ると、既にコウくんは帰って来ていた。

「ただいま…ごめんね、遅くなった」
「いや……先輩と一緒やってんな?」
「うん…」


……ヤキモチ?
と思ったけど……なんとなく、違う感じがする。


「……コウくん。ちょっと話したい」



リビングのソファに座って顔を合わせた。
コウくんはなんだか気まずそうな表情を浮かべてるようにも見える。

「…あのね、お姉さんのことなんだけど…」
「…え?」
「実家のお店のお手伝いをするってことは、旦那さんと離れて暮らさなきゃいけないんだよね…?」

コウくんはあたしの言葉に、辛そうに目を伏せる。


……お姉さんに話を聞いてから、ずっと心の中でモヤモヤしてた。


「いくらなんでも…フランスは遠いよね……お姉さんは気にしないでいいって言ってくれたけど、本当に平気なのかなって……」
「…………」
「他に方法はないのかな…?あたしも一緒に考えたいの。だって…」


だって……これからあたし達だって夫婦になるんだもん。
きっと夫婦って、お互いに話し合ったり相談し合って…決めてくものだって思うから。


「……同じ日本ならまだマシか……」
「……え?」
「先輩に聞いたんやろ?」


……シュンに?何を……?
シュンが言ってたのは……コウくんも不安だっていうこととか、あたしに遠慮してるってこと……?


全く話の見えないあたしの表情に気付いたのか、今度は焦ったような表情になって目を逸らした。

「…ゴメン、何も…」
「待って!どういう意味!?ちゃんと話して……?コウくん、何も話してくれない……あたし、そんなに頼りない……?」
「っ…違……!」

何も話してもらえない不甲斐なさに、涙が出そうになるのをぐっと堪える。
コウくんはあたしよりももっと苦しそうに顔を歪めて…ため息を吐き出すように話し始めた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 「ぎっくり腰のこと会社で上司に話したら、『丁度誰かを大阪支社...

  2. Dear My Pu...

    2017/04/13

    スーパーに寄ってからコウくんの家に行って、晩ご飯を作る。...

  1. 「悪いな。実は事情知ってるんだ」「えっ!?」カフェに入...

  2. Dear My Pu...

    2017/04/13

    シュンには帰ってもらって、コウくんと車の中で話をした。前...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/18 編集部Pick up!!

  1. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  2. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  3. イヤイヤ期の復活で爆発しそう

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3