最後の恋を思い出して書いてみる

思い出せる限りの恋愛回顧録。読んで頂いたことある方はすみません!

  • 記事数 27
  • 読者 13
  • 昨日のアクセス数 365

12.フットサル

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 回顧録

2018/05/14 15:54:19

  • 5

フットサルの知識もなければマネージャー経験もない。
ただ、マネージャーのイメージで一つだけ思いついたものがあった。


「はちみつレモン!?」
「はい、マネージャーといえばコレかなぁと思って」
「すげー!初めて食った!!」
「あたしも初めて作りました…」

といっても初めて作ったから合ってるか分からなかったけど…チームの皆さんには意外と好評だった。笑

メンバーさんは人数が多くて、あたしも全員にちゃんと挨拶した訳じゃなく突然輪の中に放り込まれた感じ。
その中でも一番の仲良しなのか?イツキさんとユキさんの同級生だという夫婦には紹介してもらった。


「コウヘイと、エミちゃん」
「は、初めまして。堤ナツキです」
「二人から聞いてる!姫ちゃんって名前じゃなかったの?」

そう言って微笑んだエミさんは、髪型もメイクもバッチリの超美人!

「エミちゃんは俺の嫁」
「えっ!?」
「オイ」

イツキさんがエミさんの肩を抱いて言うから驚いてしまったけど…コウヘイさんに睨まれていた。
といっても険悪な雰囲気ではなく…本当にみんな仲良いんだなぁって感じ。


それから2試合応援して、チームは見事2連勝!
フットサルを良く知らないあたしでも、上手いことは分かるぐらいに上手かった!!


…こうして、月1のフットサルはあたしの楽しみになっていった。

同じテーマの記事

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/25 編集部Pick up!!

  1. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  2. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  3. イヤイヤ期の復活で爆発しそう

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3