ブログランキング73

小説置き場

原案上は完結。立ち寄りありがとう。本当はもっとえっちシーンだらけだったんだけど…

  • 記事数 580
  • 読者 77
  • 昨日のアクセス数 1837

512夢で見た話から作成

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2018/05/09 02:35:07

  • 6
  • 0

「寒いけど、薄暗くて静かで、純喫茶って感じの雰囲気だな。席は普通にテーブル席だけど」
亮が周りを見渡して言った。
「私も中、こんなのって知らなかったから、ちょっとびっくりした。」
かなり薄暗いし。
「でも、暗いのは好きだから、居心地いいかも」
「アヤ、放っとくとすぐ、薄暗い所に居るもんな」
亮に苦笑された。

「だって、明る過ぎると、何か疲れる」
クリスマスはいつも疲れるし…
「まぁ、それはわかる気もする」
亮のエビピラフが来た。

「…美味しそう」
ほんのりバターの匂いがする。
「一口食べる?」
亮が、スプーンで掬って差し出してくれた。
「でも…」
一応、公衆の面前で…
周りの目が気になる。
「暗いし、誰も見てないって」
更に目の前に近付くと…

食べてしまった。
「…おいひい」
意外にちゃんと美味しい。
「そっか。じゃあ俺も」
そして亮も一口。
「あれ?ほんとだ。喫茶店の味にしては、ちゃんとしてる」
二人で驚いていたら、パフェが来た。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. おかずは後、カリフラワーと蒸した鶏のサラダ?「レモン風味の...

  2. 亮が切り分けて、取り皿に乗せてくれた。ソースは表面に薄く...

  1. ほうれん草とベーコンのクリームパスタセットを注文し、先に珈琲...

  2. もうお昼過ぎてるから空いてる。メニューを見ると、「本当...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/21 編集部Pick up!!

  1. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い
  2. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚
  3. 仕事に行くフリして働かない夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3