ブログランキング58

♡咲夜の小部屋♡R18♡

快楽責めメインの妄想小説。自己責任でネ♬ 今度は 密かな一人遊び?…♡

  • 記事数 461
  • 読者 838
  • 昨日のアクセス数 2294

美結のA調教 8 (祐弥目線)

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2018/05/07 06:15:34

  • 24
  • 0

今日は美結が俺の部屋に来ることになった。


こないだ車でちょっと責めてやったから、その辺までは出来んだろ。


アイツ、首までピンクになってたな。


可愛いヤツだ…。


あの白い肌が羞恥にピンク色に染まるところは、さぞかし見応えがあるんだろーな。


美結の身体…。楽しみだ…。


今日は、徹底的に気持ち良くさせてやろう。








美結にはミルクティー、俺はブラックコーヒーを飲みながらたわい無い話しで盛り上がる。


フトした瞬間、2人共が黙り込む。


俺は、美結を抱き締めた。


美結も俺に身を任せている。


嫌がられてはいないみたいだ。


そのままアゴの下に手を添えて顔を上向かせる。


ジッと見つめると美結の顔が見る見るうちに真っ赤になっていく。


けれど、その瞳の奥には薄っすらと女の欲情が見える。


期待と不安の入り混じったその瞳が、なんとも俺を煽る。


「期待してる?」


「そ、そ、、そんな…こと……」


図星を突かれたようで、美結の顔が更に赤くなる。


そんな美結に追い打ちを掛けるように…


「ゴメン、イジワル言ったな。そうだね。 美結はそんなはしたない女じゃないよな。」


美結がほんの一瞬、恥ずかしそうに目線を外した。


「あれ? ホントは期待してた? そっか…、美結は俺が思ってたよりも随分えっちなんだな。」


そんな俺の言葉に美結がうろたえた。


それが可笑しくて思わず美結にキスをした。









.

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 耽美

    2015/02/02

    これいかにJKの絶対領域に垣間見ぬ目に浮かぶ光景を文...

  2. 1. Test link url trực tiếp BBC...

  1. <p>1. Test link url trực tiếp ...

  2. のんちゃんの顔をマジマジと観察していた。のんちゃんもワシ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/21 編集部Pick up!!

  1. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  2. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚
  3. 仕事に行くフリして働かない夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3