ブログランキング60

【BL小説】最終作はNL

BL小説。BLとは男と男の恋愛です。くれぐれもご注意下さい<(_ _*)>

  • 記事数 3033
  • 読者 657
  • 昨日のアクセス数 2119

【43】衝撃の事実

しおりをはさむ

テーマ:小説 > BL

2018/05/07 15:01:14

  • 31
  • 0

~風になりたい~     




昼休みが終わり、部屋に帰ってくると、奥の
デスクに不機嫌なモジャモジャがあった。

マサシは上機嫌で仕事を再開したが、ヨウヘイ
はすぐ、トシキに呼ばれた。


「ヨウヘイ君、来てくれ」

「はい」


座ろうと引き出した椅子を、そのまま戻して
トシキの元へ行く。

今朝、試しにまとめた日誌のデータが画面に
映っていた。


「見えるか?」

「あ、はい」


ヨウヘイは腰をかがめ、トシキのPCを覗き
込む。


「さっき、君の方へも送ったけど、直接言い
たい事がある」


ヨウヘイは何かヘマをしたのでは…と、ドキドキ
した。

トシキがポインターを使って、色々指示を出して
いくのを、聞き逃さないように、顔を近づける。

その様子をマサシは見逃さなかった。


「チッ、やっぱ職権乱用…」


マサシの所まで会話が聞こえないが、2人の
間には注意とか指導というより、ほんわりと
した雰囲気を感じる。

時々、ヨウヘイがふわりと笑い、うんうんと
頷くと、トシキが至近距離で見つめる。


「さすがよくできてるよ」

「ありがとうございます。でも、ここはどう
ですか?」


と、トシキの耳元に口を寄せると、モジャっと
髪が顔にあたる。


「あわわ…すみません」

「こっちこそゴメン。ははは」

「天パですか?」

「うんん」

「えっ?」


トシキのモジャモジャ頭はなんとパーマを
かけていたのだった。

驚きのあまり、よろけるヨウヘイの腰をトシキ
が支える。すると、反動でお互いの顔が触れ
そうな程、近づく。


「ぁ……」

「……」


ボッとヨウヘイの顔が赤くなり、顔をそむけた。


「ごめん、でも…」


トシキがヨウヘイの耳へ直接囁く。


「このままキスしたいよ…」


すると、ヨウヘイは耳まで赤くして、俯いて
しまった。






☆彡

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ~風になりたい~     ヨウヘイは人事課を出て、...

  2. ~風になりたい~     そんなやり取りがあった事...

  1. 昨日はしょげきち。ションボリちゃんだった。テチテチ歩いて...

  2. ~風になりたい~     人が変わったように上機嫌...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/16 編集部Pick up!!

  1. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  2. 仕事に行くフリして働かない夫
  3. FBの幸せそうな投稿見てイライラ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3