アリスさんのブログ

恋愛小説ふう回顧録、ときどき普通

  • 記事数 1039
  • 読者 35
  • 昨日のアクセス数 206

巧と私その3

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 男女関係

2018/05/01 20:30:22

  • 1
  • 0

外の音で朝だと分かった。
(んー眠い。あれ、どこだろう?)
私は目が覚めた。
私の隣で巧さんが寝ていた。
私は周囲を見渡した。
(あ、昨日きたバーなのかな?)
やがてドアが開く音がした。
(おはようございます。目が覚めたようですね。
目覚めの珈琲を用意します)
バーテンダーさんが唇に指をあてて喋った。
そして珈琲を用意してもらった。
ひと口飲むと香りが良かった。
(美味しいです(*^^*))
(ありがとうございます)
私が飲んでいた珈琲の香りに釣られたのか
巧さんが起きた。
「おはよう。もう朝か」
「おはようございます。これからどうしますか?」
「私、流石にこの格好だと仕事場に相応しくないから
仮病にして休みます。なんとなく疲れてるから」
「そうか。俺はどうしようかな。あ、仕事の予定が
ある。早く行かないと。又今度連絡します」
巧さんが出て行って寂しくなった。
「あー寂しい。何かやることありますか?」
「では少しだけお願いします。大丈夫ですよ」
バーテンダーさんが優しい笑みを見せた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. あー。膀胱事情て起きやスタ。おはよーございヤス6月2...

  2. 朝のおはようから連絡全くありませーん!ちなみにおは...

  1. 翌日

    02/08

    私達は朝までずっと一緒だった。私が早くに起きて珈琲をセット...

  2. 肩こり

    20時間前

    おはようございます今朝は寒くなりました(TT)夜中か...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/21 編集部Pick up!!

  1. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化
  2. 生後2週間 夫婦で寝顔を見てたら
  3. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3