自分らしく生きる

自分らしくいられる運命の人と結ばれるまで。彼がたくさんの幸せを教えてくれました。

  • 記事数 90
  • 読者 314
  • 昨日のアクセス数 58

ショウの入院生活⑥

しおりをはさむ

2018/04/30 23:30:58

  • 78

リコ「私がもう大好きだって言ったら、どうする?」

ショウ「泣いちゃう。」

リコ「大好きだよ。」

ショウ「……………………………………」

リコ「早く泣いてよ(笑)」

ショウは驚いた顔で私をジッと見た。

ショウ「本当に?本当?」

信じられないって、体が固まってしまっていた。


私はベッドにいるショウにギュって抱きついた。


リコ「もう黙っていなくなっても、追いかけちゃうからね。」

ショウは少しだけ力を入れて抱きしめ返してくれた。

ショウ「ずっと一緒にいような。」


抱きついたままの会話。

リコ「ホテルの荷物、出張なのに少ないって思ったんだよね。スーツのシャツすらないし。」

ショウ「だってリコのタオルすら持ってきてないもん。タオル返したら会える口実なくなるかもって思ったら、持ってこれなかった。」



そんなことを言うショウがすごく愛おしい。


抱きついていた私を一度離してショウは言ってくれた。


ショウ「ちゃんとやり直そう。福岡からだって会いにくるし、遠距離だってちゃんと乗り越えてみせるから。もう一度、付き合ってください。」


もう胸がいっぱいで言葉にならなかった。


リコ「うん……」

首を縦に振って答えた。



私たちはこうして二人で再び歩き始めた。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 衝撃的な話です。近藤「しっかし、お前、出張で東京に来たん...

  2. なかなか泣き止まない私が落ち着くまでずっと抱きしめてくれたシ...

  1. さよとの宴は相当楽しくて、笑いっぱなしだった。帰り際に...

  2. みか「昨日のお弁当、本当に気持ち悪かったよね〜!!」珍し...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/16 編集部Pick up!!

  1. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化
  2. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  3. ママ友に苛々した出来事トップ3

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3