ブログランキング8

STORY BOX

お話を中心に書いてます… 23作目…執筆中です

  • 記事数 3305
  • 読者 845
  • 昨日のアクセス数 11688

いけない恋だとわかっていても…18

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 男女関係

2018/04/29 00:05:42

  • 48

………









私は


目的地へ着くまで


車窓をずっと眺めていた


「杏ちゃん、着いたよ。」




そう言われて
着いた所は…


海だった…



車から降りると

潮の香りが漂っていた…




穂高さんが
私の隣に来て

海を見ながら話をする



「ここの海…

子供の頃、よく朝と来てたんだ。
両親も一緒にね。」




朝くんのご両親は
既に亡くなっている…


だから、
私と結婚する時…



…ご両親は居なかった

私は写真だけでしか
見たことが無い




波の音を聞きながら

私は目を瞑ると



子供の頃の
朝くんと穂高さんが

浮かんで来た…



砂浜で大きな山を作ったり


貝殻を拾ったり
波打ち際を走り回ったり



楽しそうな
笑い声が聞こえてきそうな気がした…



目を開くと…


大人になった



朝くんが
こちらに背を向けて


波打ち際に立っている




幻なのかもしれない…









………

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 白く煙る浜辺に立ちつくし海を眺めるキミの後姿いつまでも...

  2. こんな時間から表に出るのはどのくらい海の傍へ白い砂...

  1. 海へ向う

    2016/09/05

    海へ向う細く長いくねった路を歩いた先に岬がある海へ向...

  2. 柔らかいよく肥えた土道新緑の香り木漏れ日が光る木々の...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/21 編集部Pick up!!

  1. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  2. 無意識にマウンティングするかも
  3. 子連れに謝罪され感じたこと

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3