ブログランキング31

【小説】風になりたい(R18)

BL小説。BLとは男と男の恋愛です。新作はオメガバース。くれぐれもご注意ください。

  • 記事数 2743
  • 読者 625
  • 昨日のアクセス数 6586

【30】送る

しおりをはさむ

テーマ:小説 > BL

2018/04/30 22:05:43

  • 39
  • 4

~風になりたい~     




「あの、トシキさん」

「……」


ヨウヘイが呼びかけても返事をしない。
6階まで降りてエレベーターに乗り込む。

ヨウヘイは掴まれている手がジワリと熱
を持ち、心臓がドキドキと脈打った。


「ヨウヘイ君、すまん」

「え?」

「俺とマサシのいざこざに巻き込んでしまって」

「い、いえ」


トシキは掴んでいる腕をそっと引く。
お互いの体温を感じる距離になると、ヨウヘイの
腰に手を回した。


「俺とアイツは水と油だ。考え方も、行動パターン
も何もかもが違う。天真爛漫な振る舞いが正直
妬ましく思えるんだ」


ヨウヘイはこんな弱気で真っすぐなアルファーと
初めて出会った。控え目だが自分を守ってくれる
トシキに、心が揺れる。

エレベーターが1階に近づき着床のGがかかる。
すると、トシキの腕が離れ、ぬくもりも離れた。


「ヨウヘイ君、俺はマイカー通勤なんだ、送ら
せてもらえないか?」

「いいんですか?」

「ああ」

「ありがとうございます」


2人は1階ロビーの脇にある地下駐車場への
扉からトシキの車へむかう。

トシキの車はシルバーの国産スポーツカーで
ピカピカ光っていた。ピッと音がしてロックが
解除されると、助手席のドアを開けてくれた。


「どうぞ」

「すみません。なんか照れます」

「エスコ―トするのは当然ですから」


ヨウヘイは頬をピンクにして、乗り込んだ。
静かにドアがしまり、トシキも運転席に乗り
こむ。

すぐにエンジンをかけるかと思ったら、トシキ
の手が伸びてきて、ヨウヘイの膝に触れた。


「なあ、マサシとはどうなってるんだ?」

「はい?」

「アイツはヨウヘイ君と番いたいと言っている。
君は……君はどう思ってる?」


トシキの手が熱く、ヨウヘイは神経が膝に
集中してしまい上の空。


「ヨウヘイ君?」

「あ、えっと……」

「マサシじゃなくて、俺を選んでくれないか?」


思いがけない告白だった。





☆彡オソクナリマシタ<(_ _*)>コナン、ミテキタノ♡

同じテーマの記事

コメント4

しおりをはさむ

  1. ☆エリス☆さん(38歳)ID:6688217・05/01

    モモカさん

    ありがとうございます(^-^)ノ

    徐々にオメガバース色を
    出していきますね。

  2. ☆エリス☆さん(38歳)ID:6688216・05/01

    ニノンさん

    なるべくボク恋を引きずらない
    ようにしてるけど、この後、
    めっさ引きずります(笑)

    そろそろカップリングに入ろうと
    ネリネリネリネリ……(* ̄ー ̄)ニヤリ

  3. モモカさん(47歳)ID:6688016・05/01

    新作!待ってました\(^o^)/
    しかもオメガバース!
    楽しみ♪

もっと見る

関連するブログ記事

  1. ~風になりたい~     ヨウヘイは後ろに飛び退き...

  2. ~風になりたい~     その日の就業時間双璧...

  1. ~風になりたい~     ヨウヘイは人事課を出て、...

  2. ~風になりたい~     「課があるのって、8階で...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/23 編集部Pick up!!

  1. イヤイヤ期の復活で爆発しそう
  2. FBの幸せそうな投稿見てイライラ
  3. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3