ソフィーさんのブログ

  • 記事数 231
  • 読者 102
  • 昨日のアクセス数 20

幼少期②

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 家庭

2018/04/26 18:36:14

  • 9
  • 0

ママは多分結構な破天荒だったと思う。

母親として、女として
ずっと生きてきてるイメージ。

彼氏の家に泊まって帰って来なく
なるときもあった。

私たちは二世帯で、
外に階段があるタイプで
3階建の二階に住んでいた。

3階には、おばぁちゃん(ままの母)
とじーちゃんが住んでいた。

一階はスナックをおばぁちゃんが
経営していた。
そこでママも働いていた。

なので、ママが彼氏の所に行き
帰って来ないときは、
おばぁちゃんの家でご飯を食べていた。

おばぁちゃんが疲れていたり
仕事の時は、ママがお弁当屋さんで買った
お弁当を置きにきたり…

今思えば寂しかった。笑

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. この時の事を思い出すだけでも未だに辛くて泣けてきます、、、...

  2. あっというまに引っ越しの日になった。わざわざ専門の時の仲良...

  1. でも小さいながらに、パパには心配かけたくないという気持ち...

  2. 151 休日

    2015/07/24

    その後ら3人でご飯を食べて、ママに合宿をした。今日の夜...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/13 編集部Pick up!!

  1. 未婚なら複数交際するのはありか
  2. 友人の子供を注意してもいいか
  3. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3