ブログランキング74

♡咲夜の小部屋♡R18♡

快楽責めメインの妄想小説。自己責任でネ♬ 『独り遊び 』終わりました。

  • 記事数 466
  • 読者 841
  • 昨日のアクセス数 1900

春のアラシ 17

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2018/04/26 05:33:25

  • 30
  • 0

彼のモノが抜かれ電マも外された。


「たくさんイキましたね。 一休みしましょう。」


彼は私を仰向けにして抱き締めながら言った。


彼はまたペットボトルの水を口移しで私に飲ませてくれた。


…ああ、冷たくて美味しい…


水を飲ませながらそのまま彼は私の口の中を蹂躙し尽くす。


身体に力は入らないけれど、彼の舌が絡むと私の舌もそれに応えるように蠢いてしまう。


彼がキスをしながらまた私の胸をヤワヤワと揉みだした。


「本当に大きくて柔らかい。このオッパイはイヤラシイ貴女に相応しい。」


彼の両手で様々な形に変えられる乳房と彼の舌に潰される乳首。


そのまま緩やかな愛撫で私が落ち着いてくると彼は私の両手を1つにまとめ両脚をM字に縛り上げて両方共を頭の上のベッドの柵にくくり付けた。


彼に全部が丸見えになっているけど、もう私には恥ずかしがる余裕も無くなっている。








.

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. この頃は、まるで夫婦のように自然に愛し合っていた。力強く...

  2. 過ぎる快楽は逆に苦痛ですらある。クリを甘噛みされながら...

  1. 彼がピザを持ってリビングに来た時、私は3度目の絶頂を迎えた時...

  2. 私ってこんなに大胆でいやらしかったっけ?自分でもビックリ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/21 編集部Pick up!!

  1. 新築お披露目で義両親にイライラ
  2. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  3. 仕事に行くフリして働かない夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3