アリスさんのブログ

恋愛小説ふう回顧録、ときどき普通

  • 記事数 1038
  • 読者 35
  • 昨日のアクセス数 244

片倉目線

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 男女関係

2018/04/25 20:30:05

  • 1
  • 0

俺は今まで高見さんとは仕事上のパートナーとして
しか見ていなかった。
でも、いつからだっただろう。
高見さんの所作姿勢が美しくていつの間にか
目で追うような特別な存在になった。
なんかせっかく知り合ったのに仕事上だけの
付き合いじゃ勿体ないと思った。
だから今回初めて声をかけた。
それも普通を越えたアブノーマルな世界へ。
高見さんと一緒だったら又違う世界が見えると
思った。それに高見さんの乱れた姿も見てみたかった。
その高見さんが今目の前にいる。
こんなに艶っぽい雰囲気なのは初めてだ。
俺はぼぅーと考えていた。
私は突然動きが止まったので驚いた。
「あの、やめちゃったの?今度は私が貴方を
良くする番ですね」
私は起き上がり片倉さんのほうに行った。
そして膝立ちになって片倉さんのモノをしごいた。
それから舌で少しずつ舐めてあげた。
「んああ、いい。ああ」
彼が声を出していた。ちょっと苦しげな顔のような
気がした。
「どうですか?」
「ああ、いいです。最高です。あの名前は何て
言うのですか?」
「恭子です。恭子って呼びすてでいいです」
「えぇと貴方は?」
「俺は巧。巧で構わない」
「巧、これ気持ちいい?」
「ああ、気持ちいい。恭子、最後に一緒に逝こう」
巧はソファに腰かけた。
「恭子、俺の顔を見ながら俺の膝の上に乗ってくれ」
「はい」
恭子が巧の膝に乗って巧のモノと恭子の部分が密着した。
そして巧が上手に動かす。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 私は気になったことを聞いてみた。「モリヤくんは、…い...

  2. Just a pas...

    2016/07/07

    I guess I am too stupid.I on...

  1. 彼「ユキちゃん、中イキしてるよ」私「!本当、初めて」...

  2. ある日犬彼さんが私の散歩道に来た。噂通りの黒いわんちゃん。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/16 編集部Pick up!!

  1. 「孫依存」の母に振り回される
  2. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化
  3. イヤイヤ期の復活で爆発しそう

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3