アリスさんのブログ

恋愛小説ふう回顧録、ときどき普通

  • 記事数 1037
  • 読者 35
  • 昨日のアクセス数 324

秘密の部屋へ

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 男女関係

2018/04/24 20:50:34

  • 1
  • 0

ついに私は部屋へ案内された。
ドアを開けると多くの男女が裸で交わっていた。
私はまず片倉さんがどこにいるか探した。
それにこの状況がどうなってるか気になってまず
観察を始めた。
あるカップルがいた。奥さんと思える人はピンク色の
下着姿、そしてグリーンの仮面をつけていた。
でも旦那さんと思える人が奥さんを後ろから触り
胸の突起を捏ね回していた。片方の手で下腹部を触っていた。
「は、あ、ああ、気持ちいい。もっとして」
もう絶叫していた。奥さんは広く開脚していた。
それを知らない人が見ている。
旦那さんが知らない人に「うちの家内に色々言葉を
喋ってやって下さい。家内は言葉に弱いらしいから」
「分かりました。あ、お名前は?」
「家内の名前は有希と言います」
「有希、凄い眺めですよ。もう愛液が溢れてる」
「あの、僕から触っても大丈夫ですか?」
「はい、どうぞ」
知らない人が有希という女性の胸を大きく揉む。
片方の手で下腹部を指で抜きさししていた。
「有希、凄く感じてますね。もう指が3本入ります」
知らない人が言葉を言いながら弄るのをやめない。
旦那さんは奥さんが悶える様子を見て興奮していた。
「はああ、もっともっと。ああああ」
もう甲高い声を出していた。
私が観察していると見知らぬ女性が近づいてきた。
「貴女、せっかく細くて綺麗なんだから私の旦那と
してくれない?あ、緊張してるのね。
最初に私が緊張をほぐしてあげる」
そう言って見知らぬ女性が私のバスローブを脱がせた。
そしてゆっくり触っていく。
仮面をつけているせいで誰に何をされているか
分からない。
でも気持ちいい。
「あら、もう突起が硬くなってる。体は素直なのね。
可愛らしい人」色々触っているらしい。
もはや理性を保つのは無理だ。
「はぁん、ああ」
「あらあら、もう感じてるなんて。貴方、この人を
もっと良くしてあげて」
誰かが触ってくる。何かひんやりした感じがする。
冷たいものが触れて感覚が敏感になる。
「ああ、よく濡れて液が垂れてるのが見えます。
エロイですね」
「もっと良くしますよ。力を抜いて下さい」
何か舐められてるような気がする。
もはやよく分からない。
「ああ、気持ちいい、ああ」
「貴方、この人ばかりじゃズルいわ。私にもして」
誰かの声がする。
誰かが私ともう一人をベッドに寝かせた。
そしてダブルで揉み始めた。
「ああ、貴方、そこだけじゃ物足りないわ。下も
して」
「全く、急かすのは良くないぞ。今やるから」
誰かの指が敏感な場所に浸入して指をゆっくり動かし
始めた。
「は、ああん、ああ、気持ちいい」
私もつられて甘い声を出していた。
それを誰かが見ているらしい。
「あの、僕も加わっていいですか?」
「いいですよ。じゃ、こちらの女性の相手をお願いします」
私はなんとなく聞き覚えのある声だなと思った。
私の耳元で囁く。
「高見さん、めっちゃエロイですよ。もう気持ち
よくなったんですね。その下着よく似合ってますよ」
「僕からも良くしますよ。だから後で僕のほうも
良くして下さい」
片倉さんはさっきの人と違って、耳に舌を入れ
ぴちゃぴちゃ音をたてる。耳たぶに触れたり
首すじにキスしたり、ソフトだ。
「はぁん、もっとして」
「何をして欲しいか言って下さい」
「私の敏感な場所に貴方のモノを入れて下さい」
「めちゃくちゃにして」
「分かりました。では失礼します」
俺はゆっくり高見さんの体にモノを入れて動かし始めた。ベッドがギシギシ鳴る。
「ああ、いい」
俺は少し乱暴なくらいに高見さんの胸を揉んだ。
彼女の息が荒くなるのが分かる。
もう彼女は恍惚の顔をしていた。
「その顔を他の奴に見せたくないな」
私は何か言われた気がしたけど分からなかった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 私は白石君の部屋を出てから教頭の部屋に行った。「どうでした...

  2. 動画が始まる。スケスケの黒っぽい色の下着姿のセクシーな...

  1. 電話

    2015/07/22

    電話番号を教えるのが怖いから、こちらから非通知で掛けさせて...

    誰か。

    • 5
    • 0
  2. 「よく着られる服があるよな〜!」「ホント〜」「あまりお洒...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/15 編集部Pick up!!

  1. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚
  2. 子連れに謝罪され感じたこと
  3. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3