最後の恋を思い出して書いてみる

思い出せる限りの恋愛回顧録。読んで頂いたことある方はすみません!

  • 記事数 23
  • 読者 8
  • 昨日のアクセス数 577

6.バーの店内で

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 回顧録

2018/04/27 14:09:51

  • 4

心臓がバクバクいってる…。


坂本さんは何でもないというような態度で、そんなあたしの隣で大きなアクビをした。

「…めちゃくちゃ眠い」


…そりゃそうだよね。
一晩中働いてたんだもん…。
っていうかこのまま、何もしない流れになったりしないかな……。


って思ったのも束の間、背中に手を当ててそっとソファに横たえられる。
呆気なく覆い被さられたあたしは、再び激しいキスを受け入れた。

「……ぁ……」

唇を合わせたまま、坂本さんの手が服の中に滑り込んでくる。
片方の手が胸を揉みしだき、もう片方はスカートの中をまさぐる。

抵抗する間もなく下着の中まで指が侵入すると、くちゅ…と恥ずかしいぐらいの水音が聞こえた。

「すごい濡れてる…」

満足げに微笑まれて、余計に羞恥心を煽られる。
坂本さんは素早い手つきでベルトを緩めると、どこからか取り出したゴムを自分のモノに着けた。


…頭の中では、いけないことだって分かってる。


なのに体は拒否することをしなかった。
十分すぎるぐらいに濡れたそこは、あっさりと坂本さんを受け入れた。

大きくて、中を押し広げるぐらいに満ちてる。
なのに更に奥まで何度も挿し込まれて、思わず声を上げた。

「あっ!…や…っあん…!」

暗いバーの店内で、水音とあたしの声だけが響いていた。
ソファに横たわって片脚を持ち上げられた状態で、何度も突き上げられた。

「イかせてあげたいけど、ここじゃ狭くてムリ」


坂本さんがポツリと言ったけど…こんなに気持ち良いのにこれ以上なんてどうなるんだろう?


そんなことを考えながら、欲望を吐き出す為の激しい動きを受け入れた。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 自由になった隆史の手が、あたしの体中を這い始める。片手は服...

  2. 「…………うん…」3列目。いつもあたしと藤井さ...

  1. 至近距離で顔を赤らめるゆいと見つめ合う。心臓が痛いぐら...

  2. 太ももの内側を撫でて柔らかさを楽しんだ……そのままグ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/24 編集部Pick up!!

  1. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化
  2. ママ友に苛々した出来事トップ3
  3. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3