最後の恋を思い出して書いてみる

思い出せる限りの恋愛回顧録。読んで頂いたことある方はすみません!

  • 記事数 82
  • 読者 38
  • 昨日のアクセス数 211

5.初めての浮気

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 回顧録

2018/04/26 15:43:53

  • 8

坂本さんと一緒に再び店内に。

ソファに横並びで座って、今度は最初から激しいキスをされた。
時折唇の隙間から吐息が漏れる。

苦しくて、体温が上がって体中熱くてボーっとする。

唇が離れて少し息の上がってるあたしを、坂本さんは目を細めながら見つめた。

「…堤さんって、彼氏いるの?」
「…………はい」

…正直、その時初めてユウのことを思い出した。
坂本さんとキスをしながら、ユウに悪いとか思わなかった自分にも驚いた。

「え?そうなの?いるの?」
「…は、はい…」

坂本さんは意外そうに言って、でもすぐにふっと唇を綻ばせる。


…そりゃそうだよね。
彼氏いるくせに…こんな簡単についてくるなんて本当、バカな女。
笑われても仕方ない。


「…セックス、好き?」
「え!?や、わ…わかんないです…」

ビックリして顔が一気に熱を持つ。

「なんで?気持ちイイでしょ?」
「え、えぇ……」


た、確かに気持ちいいとは思うけど……。
だからってそんなの恥ずかしくて言えない!
…それにこんな事、初めてだし…。


どうすればいいか分からず俯くあたしの耳に、すぐ近くで息がかかる。

「イッたことないの?」

耳も顔も熱くて、頷くのが精一杯。
そんなあたしに、坂本さんは笑みを含んだ声で言った。

「今までの相手が下手だったんじゃない?試してみる?」

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 「眠い……」隣でソファに沈み込んでいる小松さんがぼそっと言...

  2. あたしは、藤井さんの唇の感触が大好きだった。今まで経...

  1. 54th 95

    01/22

    それから…急いで着替えて来たらしい桐生院君は。何だか元気...

  2. 「…んんっ…」「…んっ…⁉︎」天龍は、驚いていた。ま...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/17 編集部Pick up!!

  1. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  2. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  3. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3