ブログランキング3

不器用なわたしたち

  • 記事数 139
  • 読者 474
  • 昨日のアクセス数 53141

テーマ:小説 > 回顧録

2018/04/20 14:07:18

  • 39
  • 0

お店を出て、なんとなく歩きたい気分だったのでテクテク歩いた。

このお給料で長瀬を誘ってママさんのお店にでも行こうかな。
久しぶりに連絡したらきっとスゴク怒って、小言を言われて、最後はへべれけになって帰るんだよな。なんてぼんやり考えていた。

そんな時、ふいに背後に気配を感じた。
周りに人はいない。


怖くて振り向けなくてダッシュした。
次の角を曲がればコンビニがある!!

その時グンとリュックを掴まれて羽交い締めにされた。
声が出なかった。

口を抑えられて引きずられそうになるにを必死で抵抗した。

「おい!」
と誰かの声がした。

男は私を突き飛ばし車に飛び乗って走って行った。

ぼーっと歩いていたので、道に不振な車が停まっている事すら気付かなかった。

もちろん
車種やナンバーなんて確認する余裕もなかった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 隣の彼…95

    2017/04/18

    ………お店から出て来た千聖さんが...

    STORY BOX

    • 57
    • 0
  2. 旦那サンとやってる自営業。今は旦那サンがスランプで...

  1. たいして会話もうまれないまま、帰って来ちゃった。玄...

  2. 209 恐怖 ②

    2017/04/10

    恐怖の中……私は、暴れて逃げようとした……。後ろから胸を...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/21 編集部Pick up!!

  1. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化
  2. ママ友に苛々した出来事トップ3
  3. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3